最近のトラックバック

富士・富士宮

2018年1月 8日 (月)

田子の浦みなと公園で初日の出

ふじのくに田子の浦みなと公園での初日の出撮影は今年で3回目、3年連続となりました。  

 

201801014q1a2503
 
展望台の上には、日の出を待つ人・・・人・・・人・・・
右側の建造物はヶ建設中の展望台。
景観としてはちょっと余計な感じと思うけど
  
 
初日の出を背景に、田子の浦漁港のしらす漁船の海上パレードが観られるというのが、ここの特徴となります。
 
 
20180101dscf5653  
田子の浦漁港から出港するしらす漁船群団
 
 
201801014q1a2569  
 
太陽は残念ながら海の彼方の地平線ではなく、伊豆半島の付け根くらいから昇るのですが、駿河湾越しではあるので、日の出撮影のロケーションとしてもまずまずだと思います。 灯台も良いアクセント
 
 
201801014q1a2640  
 

初詣は村山浅間、初日の出は田子の浦で

年明け8日目で2回目の更新。
 
ちゃんと更新すると書きながらこの体たらく。
 
今頃年越しのネタ・・・
 
今年の年越しは昨年とほぼ同じ場所を回りました。
撮影はあまり頑張らずにボチボチと。
 
 
0時  富士根本宮村山浅間神社(興法寺)
 
      水垢離撮影 → 初詣
      → ご祈祷by神主 → 加持祈祷by山伏
 
 
20180101dsc09553  
 
1時頃 富士山本宮浅間大社
 
      ちょっと人出が一段落した境内で初詣の様子を撮影
 
 
20180101dscf5575  
 
  富士市に移動し、田子の浦みなと公園付近で仮眠
 
 
6時過ぎ〜 田子の浦みなと公園
 
      初日の出&漁船海上パレード撮影
 
 
20180101dscf5687  
 
 みなと公園には5時頃までに着けば十分車を駐められるので、例えば、山宮、日吉、三日市(富知六所)と、浅間神社巡りなんかをやる手もあったのですが、今回は仮眠を優先(笑)
 

2017年5月13日 (土)

レンゲ畑の向こうを走る新幹線、そして背景に富士山

4月30日
 山の桜を追っているうちに、里は新緑、一気に初夏の気配さえ漂う季節になってきました。
 
 
201704304q1a5002  
富士市大淵笹場
 
 
 富士市に、この時期、富士山と新幹線とレンゲを合わせて撮れる有名な撮影ポイントが有り、ときどき出掛けます。
 
 
Dsc07397  
 
 ローカル線と違い、新幹線はひっきりなしに通るので、車両の種類に拘らなければ撮影は気楽なものです。
 
 
20170430dsc07459  
 
 このあたり、ドクターイエローが走る可能性があるのが、確かお昼頃だったはずで、その時間帯にはきっともっと沢山人がいたりするのでしょう。ただ、絵的には黄色い新幹線より白い新幹線のほうが、レンゲと富士山には合う気がします(笑)
 
 
20170430dsc07385
 
 
 農作業の一貫としてレンゲが植えられるという田圃はもうほとんどなくなっていて、ここもボランティア団体の方が秋に種まきを行い、この風景を作り、花の時期には「れんげまつり」も開催しているそうです。
 
 
201704304q1a5117
 
 
普通の日に写真を撮りに行っても、畑を荒らすだけでお金を落とすところがないので、アタクシは、たいへん申し訳なく思っております。ほんとですよ。
 
 
201704304q1a5185  
 
もちろん、写真の方だけでなく一般の方も訪れ、一面のレンゲ畑を楽しまれています。若い女性3人連れが、レンゲ畑の間を歩きながらスマホで写真を撮りあっておりまして、どーせならアタシのカメラで撮ってあげようかと言おうかしらと思いながらも、危ないジジイがなんか言ってきたと思われてもあれだなと思い直し、結局止めました・・・が、なんとなくカメラを向けて撮っちゃいまして(余計悪い)・・・。
 
 
20170430dsc07482  
 
 新幹線撮ってる合間にテキトーにシャッター押しといただけだったので、こんなにまともに写ってると思ってなかった・・・。
 
 ちゃんと言って撮ってあげた方が、写真差し上げることができて良かったですよね・・・ははは。いいのか載せて・・

2017年5月11日 (木)

桜中盤戦・・・富士山麓編

4月23日

 再び地元、富士山麓。
 
 忍野村
 
20170423dscf5311_2  
 
 世界文化遺産構成資産「忍野八海」を擁し、
   自治体合併の荒波に抗い、独立を堅持する忍野村。
    今やアジア有数の観光地・・・という趣でございます。
 
 
20170423dscf5298  
 
 ここもようやく桜が見頃を迎えつつありました
 
 
201704234q1a4348   
 
 新名庄川沿いの桜と、大門橋
  いつもながら、なかなかの風情です。
 
  その向こうの富士山は見えたり見えなかったりですが、
   ずっと粘っている写真ヤさんたちがおられます。
 
 
201704234q1a4343  
 
 その後、河口湖へ・・・
 
 
201704234q1a4367
 
 
 湖畔の桜は満開、例年よりちょうど一週間遅れって感じかな。
 
 
201704234q1a4438  
 
 湖畔の遊歩道は観光客で溢れかえっていました。
 
 
201704234q1a4413  
 
 ペット撮影人。まったく良く訓練されてるよね。
 
 
201704234q1a4425
 
 
こんなに天気が良くなるとは思ってなくて・・・
  これなら日暮れまで居たかったんだけど
    かみさん連れなので、これにて帰宅・・・残念だわい。
 

2017年5月 9日 (火)

桜中盤戦・・・ご近所徘徊

4月16日
 
 この日は町内清掃の日だったので、それが終わった後、近所を徘徊して、未だ持ちこたえている桜を撮影して回りました。
 
 
大石寺
 
  ここは市内でも有名なサクラの名所。
 
 
201704164q1a3654  
 
  境内参道の枝垂れは葉っぱが目立ち始めていましたが、周辺のソメイヨシノは落花盛んながらもまだなんとか。
 
 
20170416dscf4848  
 
  ちょと長閑な感じで撮ってみました。
 
 
そのあとぶらついた市内北部の猪之頭では、こんな風景も
 
 
201704164q1a3733  
 
富士桜自然墓地公園
 
 ここも富士宮市内では、桜で有名な公園です。
 まだ、公園の上部はまだ満開には至らず、入り口付近が撮り頃でした。
 
 
201704164q1a3821  
 
山陰に日が沈む頃、狩宿の下馬ザクラに。
 
  逆光で、山桜らしい赤い若葉を強調してみました。
 
 
201704164q1a3824  
 

2017年1月15日 (日)

消防出初め式@富士宮

正月明けの写真映えのする行事のひとつに「消防出初め式」があります。
 
 
20170107dsc05478  
 
どの地域でも行われる行事だと思うのですが、当地の出初め式は富士山を背にして行われるので、なかなか「写真映え」がします。
 
 
20170107dsc05512  
 
今年も1月7日に行われた富士宮市消防出初め式。
3年ぶりに撮りに行きました。
 
 
20170107dsc05494
 
女性消防団員による軽可搬ポンプ操法の演技。
一般披露するのは今回の出初式が初めてだったそうです。
 
 
20170107dsc05499
 
報告・・・される方が着ぐるみいらずのゆるキャラ(笑)
敬礼しているところを撮りたかった。
 
 
まず、市内の城山公園運動場で、式典訓練演技披露、そして梯子の演技披露などが行われます。
 
 
20170107dsc05742
 
 
さらに市内パレードの後、浅間大社湧玉池を水源とする清流神田川から水をくみ上げ大放水
 
  20170107dsc06000
 
近づいて撮影される場合はびしょ濡れになることもあるので
ご注意下さい。
 
 
梯子の演技は、城山公園運動場での演技の後、梯子隊は場所を浅間大社境内にある神田川ふれあい広場に移し、再び演技を披露。富士山との位置関係は、こっちのほうがGOOD。撮影にはこっちかな。
 
 
20170107dsc05870  
 

2017年1月 5日 (木)

元日の富士山本宮浅間大社

年越し&初詣は今年は村山浅間神社でしたが、一応いつもの浅間大社へもお参りを・・・。しかも、元日、夜中と午前中の2回も。
 
 
201701014q1a8745
 
元日は夜中から露店やってるんですねぇ。大変だ。

 
0時頃はごった返していたのでしょうが、私が2時過ぎに訪れたときには、参道も拝殿前もかなり空いていました
 
 
201701014q1a8699
 
拝殿の前もこの程度です。
 
 
朝も8時半から9時半頃まで居ましたが、それほどの人出とは感じませんでした。
 
 
20170101dscf7312
 
 
昼頃にはもう周辺道路が渋滞で固まっちゃってたみたいです。
 
混雑を避けるのには、元日だったら「朝」が良さそうですね。
 
写真的には混んでた方が、絵になるんですけどね。
 
 
20170101dsc05272  
 
来年は、0時に来てみようかなぁ。
 
 
20170101dsc05371
 
 
元日に9時頃まで居たのは、9時から行われる氏子の安全を祈念する祭典で、浦安の舞の奉納があると、浅間大社の公式ウェブサイトに書いてあったからです。ウェブ上には拝殿の外で舞っている画像が載っていたのですが、今年はそのような準備はされておらず、拝殿の中で行われていました。てことで、無理矢理撮影↓
 
 
20170101dsc05453  
 

2017年1月 3日 (火)

初日の出は「ふじのくに田子の浦みなと公園」で

元日こそ飛ばしてしまいましたが、心を入れ替えて怒濤のブログ更新中でございます。
 
そだそだ、今更ですが、元日にアップしなきゃいけなかった画像を、ここにアップしておきます。
 
 
Dsc05228
 
 
改めまして、
  明けまして、おめでとうございます
 
上の画像は、2017年1月1日の朝、「ふじのくに田子の浦みなと公園」で撮影したものを加工して、仕上げてあります。
 
昨年から、初日の出はココです。
 
初日の出はもちろん、富士山も、そして初日の出パレードをするしらす漁船も撮れるという被写体豊富な好撮影地。若い子も結構多くて、活気のある場所です。
ココは、しゅんせつ土砂の埋め立てでできた土地を活用した公園なのだそうで、一部はまだ工事中。この時期に限らず、いつ訪れても楽しめる公園だと思います。
 
 
20170101dsc05257 
現在建造中? のディアナ号と富士山
 
 
20170101dscf7254  
 
公園の駐車場は6時過ぎないと開けてくれないようです。でも、堤防の下に路駐できるスペースがあるので、私は村山浅間と、浅間大社をハシゴ詣したあと、そこに車を駐めて仮眠していました。
 
富士山を裾野まで綺麗に撮るには公園の東端まで行かないと難しいのですが、その必要が無ければ、場所はどこでも大丈夫です。
 
 
20170101dsc05096   
 
20170101dsc05128  
 
しらす漁船の初日の出パレードは、漁港を出て西側で行われるので、初日の出と絡めたい場合には、公園の中央より西側が好位置となります。
 
 
20170101dsc05212
 
 

2016年6月 9日 (木)

富士山かぐや姫ミュージアム

4月29日に富士山かぐや姫ミュージアムとして
       リニューアルオープンした富士市博物館を、
         5月15日にのぞきに行ってきました。
 
 以前は富士市の歴史産業特に製紙にスポットを当てた展示がされていたと記憶していますが、製紙関係の展示は隣接する分館の歴史民俗資料館に移され本館は富士山かぐや姫にかなりテーマを絞った展示となっていました。
 
 
20160515img_4092
 
 
これまでの郷土の歴史資料館という位置づけから、観光客向けにコンセプトを変えたのでしょうね。
 
名称からしても、いわゆる富士市観光のビジターセンター的な位置づけにしたいという意図が感じられます。
 
ここは高速道路からのアクセスが良い場所なので、もっとアピールして市外、県外からの観光客を呼び込めるといいですね。
 
 
20160515img_4094
 
 
20160515img_4099   
 
 富士山かぐや姫ミュージアムは広見公園内にあり、園内には市内から移築された歴史的建造物の展示エリアがあります。また広見公園は富士市の花でもある「バラ」園でも有名です。
 
 
20160515img_4112  
 

2016年5月29日 (日)

茶畑と富士山ー大淵笹場

5月も終わろうとしているのに、未だにGWの記事を書いているという、どうしようもない状態ですが、もう一息(笑)
 
書いておかないと、忘れる・・・。
 
茶畑の向こうに富士山という定番構図の撮影場所として
 
     最近売り出し中なのが、
 
         富士市大淵笹場
 
 
201605054q1a8961
 
 
この手の撮影地は道路が狭いところが多くて、駐車場所に困ることが多いのですが、ここはなんと駐車場完備なのでございます。
 
最近ではGW中に、茶娘撮影会なるものが開催されて人気だそうです。
 
 
20160505dscf6620
 
 
今年私が行ったのが5月5日。
カメラマンさん・・・おそらく十数人くらい来てました。
 
たいていは、道路際から、
   要するに富士山から一番離れた位置で、
     茶畑を出来るだけ沢山入れて撮るわけですが、
  もちろん、茶畑の中の道に入り込んで撮ることも出来ます。
 
ただし、入り込めば当然、普通に道路際から撮ってる人の画角に入っちゃいます。
 
なので、どうしても撮りたい人は、
      さっと入って、さっと撮って、さっと出る
             みたいなことをするわけです。
 
ところが、そうじゃない人もおりまして。
 
 
4q1a8977  
 
この2人、10分以上(20分くらいかも)、
      茶畑の中を右へ行ったり、左へ行ったりふらふら。
 
この日撮影に来ていた人たちは、皆、気長な人たちで、イライラしつつもジッと待っていたんですけれど、全く退く気配が無いのにしびれを切らし、ついに「退いてくれ〜」と、どなたかが叫びました。それでやっと退いた(^^;;;
 
 
201605054q1a8969
 
 
基本、地元民ファースト観光客セカンド写真屋さんはそれ以下なので、自由に振る舞ってもらって良いのですが、ここはほぼ写真屋さんしか来ないとこですから、もう少し空気を読んで欲しいモノです。
 
てか、沢山のレンズとアマチュアカメラマンさんの憎悪に満ちた視線が、自分たちの方を向いていて、殺気とか感じなかったんですかね?
 
          だとしたら平和ボケだわ。
 
 
ずっとそこに居るなら
   茶娘の格好をして頂ければよかったのですけどねぇ・・・(爆)
 
 
201605054q1a8966  
 
大淵笹場
 
行かれる方は、とりあえず富士芸術村(住所:富士市大淵1516)をナビに入れて走り、近くに付いたら看板見つけて、それに従って下さい
道が狭いので「撮影の方は、一方通行で」との注意書きがあります。
これまた逆走するヤツが居るんだよ。
 
 

より以前の記事一覧

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Link

フォト
無料ブログはココログ