最近のトラックバック

鉄道

2017年7月17日 (月)

あじさい咲く田野倉駅@大井川鐵道

大井川鐵道田野倉駅
 
趣のある木造の駅舎で人気の駅ですが、
 
  地元の方々の尽力で、美しい花の咲く駅としても知られています。
 
 
20170702dsc08780
 
 
とりわけ見事なのが紫陽花です。
 
 
201707024q1a0827  
 
7月2日、天気も悪いことだし、紫陽花を撮るにはちょうど良いかなと思って田野倉駅へ。そしたら何だが青空が広がってしまい、ちょいと企画倒れ。
 
 
20170702dscf7245  
ホーム南側で、下り SL急行「川根路」
 
 
また撮りにいく機会があるかもしれないので、備忘録を。
 
 
Tanokura_2 
 
紫陽花が沢山植えてあるのは駅舎の北側
 
駅舎からホーム側に出て、右手に入ったところです。
 
 
201707024q1a0832  
ホーム北側から上り列車を
 
 
 まずは下り千頭行きのトーマス号を撮りたいのですが、上り列車を、紫陽花を前景に良い構図でバシッと撮れるスポットというのは1ヶ所しか無さそうでした。そこを先客に取られてしまうと、あとはバリエーションを探すしかなさそうなんですよね。
 
 
201707024q1a0853_1
 
下り 「トーマス号」
 
 
 私はそもそも紫陽花が沢山植わっている一角に入れるのかどうかが最初分からず、別の場所で撮影してたときに、そこへ入っていく人を見て、「ああ、入って撮れるんだ」と知ったくらいなので、当然バリエーションです。で、無理矢理構図を作ったのが上の写真。
 
 
20170702dscf7216
 
下り 「トーマス号」
 
 
 続くSL急行「川根路」は紫陽花との組み合わせを諦め、ホーム南側からユリを前景に撮影。
 
 
201707024q1a0880
 
下り SL急行「川根路」
 
 
昼飯は近くの「和彩食堂 あけぼの」へ。
          ウェブサイトはこちらです。
 
 
20170702dsc08813  
 
駐車場には、昭和レトロ看板のコレクション。
 
 
20170702dsc08810   
 
店内にもマッチ箱のコレクション。
 
私は一日15食限定の「あけぼの膳」を頂きました。
 
 
20170702dsc08807
 
川根大根ラーメン、自然薯とろろごはん、川根茶しゅうまい、
濃厚さつまプリン、香の物のセット
 
 
20170702dsc08804
 
 
腹ごしらえの後、上りのトーマスを。
 
 
20170702dscf7283
 
上り 「トーマス号」
 
ちょっと日差しがきつすぎますなぁ・・・。
 
 
201707024q1a0799
 
最後に川根温泉のあじさいの小径からの一枚を
  (実際に撮影したのは、田野倉駅に行く前)
 

2016年9月27日 (火)

岳南電車の衣替え

久々に岳南電車に・・・っていっても乗ったわけじゃ無くて駅に行っただけね。
そ、そういえば、一度も 乗ったことないかも・・・(^^;;
 
電車の柄が変わってました
 
 
普段は赤色の7000系
 
 
201505034q1a6829  
 
一両は「mt×岳南電車!」と称したカラフルなラッピング。
 
 
201609224q1a3309  
 
mtというマスキングテープの会社との共同企画とのことで、
10月10日までだそうです。
 
マスキングテープって、塗装の際、マスキングに使うテープだったような気がするんですが、今は装飾用途に使われるテープもそう呼ぶみたいですね。
 
もしかすると、塗装屋にバイトで入ったイマドキの若い子に、「マスキングテープ買ってきて」って頼んだら、かわいいデザインのテープ買って来ちゃうんでしょうか。
 
ネーミング変えた方がいいと思うなぁ・・・
 
 
 
201609224q1a3299  
 
もう一両はブルーグリーンカラーにお色直し。
 
 
201609224q1a3304   
 
京王井の頭線の3000系だった時代の色に似せたのだそうです。
今年の3月からなんですって。 全然知らなかった
 
岳南鉄道の7000系は、京王3000系の中間車デハ3100形を両運転台化した車両です。
 
 
201609224q1a3307  
 
これって当時を知っている人は懐かしいのでしょうかね。
 
7000系は中間車を改造した車両なので、京王3000系とはそもそも顔が違うんですよね。だから、色を似せても何だかなぁ〜という感じなのではないかと想像します。そもそも色もビミョーに違うみたい(^^;;
 

2016年6月26日 (日)

江ノ電を撮ってみた

江ノ電をちゃんと撮りたいなぁ
          と思っていたんですよ。
 
 と言いながら、下調べもしていないわけですが。
 
iPadで検索してみたところ、
 御霊神社のあたりでよく撮られる
     みたいなことが書いてあり・・・
          じゃぁ行ってみようと
 
 
20160612dscf0642  
 
時折目に入る江ノ電の車両の中は通勤電車のような混みようで、
  あんなんだったら歩いちゃえと、長谷駅までぶらぶら。
 
          もちろん長谷寺には寄りません。
 
 
201606124q1a0477  
長谷駅
 
 
御霊神社の前の線路沿いには人だかりが出来ておりまして、
       こりゃぁまともな撮影は無理だっていう状況でした。
 
 
201606124q1a0525
 
御霊神社前
 
 
 あたしは、逆サイド、踏切の手前からこう撮りました↓・・・
          ってか、こうとしか撮れなかったのよね。
 
 
201606124q1a0516 
御霊神社前
 
 
むしろ、長谷駅から御霊神社に向かう道すがらのほうが、
              撮影場所としては良かったかも
 
 
20160612dscf0682   
 
御霊神社から極楽寺までぶらぶら。
 
 
20160612dscf0731 
極楽寺駅
  
 
途中にある成就院も紫陽花で有名なのですが、
        今シーズンは工事中とのことでパス。
 
 
20160612dscf0706  
極楽寺駅の長谷駅側には江ノ電唯一のトンネルがあります。
 
 
なんだかよくわからないけど、
 鎌倉高校前駅も撮影場所として有名と聞いて
             途中下車してみました。
 
  駅の近くの踏切がその人気撮影地らしく
            中国語も飛び交う大賑わい。
 
 
20160612dscf0747  
残念ながら、ちょうど工事中で
海との間にフェンスやドラム缶が見えてしまい、
撮影地としては×でした。
 
 
どうやら、アニメ『 スラムダンク』の
 オープニングシーンに登場する場所として有名なんだそうですね。
 
湘南の青い海を背景にしたこの踏切は、好撮影地として以前から知られていたようなのですが、台湾人観光客が集まるようになって改めて『スラムダンク』の聖地として脚光を浴び始めたらしいです。
 
 
ところで台湾と言えば
 
 江ノ電は台湾平渓線との観光連携協定を2013年に締結しており、台湾観光ラッピング電車も走っています。
 
 
20160612dscf0753edit 
台湾観光ラッピング電車@鎌倉高校前駅
 
 
 平渓線って、線路沿いに露店が並んでいる「十分老街」が有名な路線です。人気の観光地「九份」の最寄りの鉄道駅「瑞芳」が平渓線への乗換駅なので、一緒に訪れるというのも有りなのかも。ちょっと乗りに行ってみたくなっちゃいました
 

2016年3月27日 (日)

北条まどか 16歳

上田電鉄別所線

 
 上田駅から別所温泉駅の11.6 kmを結ぶ鉄道路線でございます。
 
 
201603204q1a6572  
別所温泉駅
 
 1時間あたりの本数は1 - 2本。
 
        典型的な地方ローカル私鉄
 
 
201603204q1a6570  
かつての看板車両 モハ5250形「丸窓電車」 (右)と1000系
 
 
 いずこも同じですけれど、
 
 廃止か存続か・・・
 
     そんな議論が長く続いているのでしょう。
 
 
別所線には存続支援キャラクターなるものが存在します。
 
それが
 
  「北条まどか 16歳
    ↑詳しくはクリック
 
        な・・なんだそれ。
 
 
20160320dscf4772_2
 
北条まどか誕生10周年記念乗車券だそうです。
買えば良かったかなぁ・・・
誕生10周年でも永遠の16才なのね(^^;
 
 
20160320dscf4774
 
駅員さんも衣装が・・・
16才だったらもっと良かったけれど
 
 
いやーそれにしても、
 
  こんなにいっちゃってるとは思いませんでしたわ
 
 
201603204q1a6578
ミマキさんは、地元東御市にあるプリンターの会社です。
どうやら、ラッピングはミマキのプリンターで印刷されたもののようです。
 
 
今は、真田信繁ラッピング列車なども走らせており、
 
    大河バブル盛り上げにも大いに貢献しているようです。
 

2016年3月21日 (月)

大井川鐵道 笹間渡鉄橋を渡るSL

3月12日(土)、13日(日)は大井川鐵道SLフェスタでした。

 
12日には C11190とC5644の重連運転があり
撮りに行きたいなぁ〜と思ってはいたのですが、
          なかなか、そういうわけにもいかず・・・
 
 
結局、13日に普通の走行を撮りに・・・
 
 
この日は川根温泉笹間渡駅笹間渡鉄橋あたりをぶ〜らぶら。
 
 
201603134q1a6185  
笹間渡鉄橋 場所①
定番の場所ですが、これ以上左に寄ったら鉄橋の下に入っちゃう・・・
ってくらいの位置で撮ってます。
 
 
201603134q1a6212
 
大井川の河原に下りてみました。場所②
水が無いんで川らしくありませんが・・・。
 
 
20160313img_0416
 
SLの見える丘公園 場所③
笹間渡鉄橋を渡る上り列車を撮影
ここからは抜里駅まで俯瞰できます。
 
 
超定番なんで場所は紹介するほどのことでもないですが、念のため。
 
Kawane_2   
 
本当は、
 中井さんのような「ゆるい」鉄道風景写真を目指したい
   のですけれど、
       どうしてもカッチリ撮ってしまうんですよね。
 
 
201603134q1a6262  
川根温泉笹間渡駅 場所④
 
20160313dscf4254  
川根温泉笹間渡駅 場所④
 
 
堅いですよねぇ〜(笑)
 
ゆるく撮る技術、才能って、たいしたものだと思います。
 
 
堅いついでにもう一枚。
 
201603134q1a6317
 
福用駅北側踏切付近にて(場所⑤)
 
 
Fukuyo  

2016年1月 8日 (金)

岳南電車 with 正月ヘッドマーク

富士市を走るローカル私鉄「岳南電車」が
 
 お正月のヘッドマークを着けて走っているとの情報を得て、
 
   1月3日、ちょっくら撮影に。
 
 
どうせなら富士山バックに撮ろうってことで、
 
撮影ポイントとして有名な、
吉原駅ージヤトコ前駅間の「左富士」踏切付近へ。
 
 
Gakunan_2
 
 
 近くに、駐車場のある商業施設があり、撮影には結構便利です。
(申し訳ございません、利用させて頂きました)
 
 
201601034q1a0487_2
 
 
岳南電車は通常2編成の7000形(1編成1両なので2両)が、
吉原駅ー岳南江尾駅の9.2kmを往復しているのですが、
ヘッドマークが装着されていたのは1編成だけでした。
 
 
20160103dscf2337
 
京王3000系の中間車デハ3100形を京王重機整備で両運転台化した
岳南鉄道7000形電車
 
 
それにしても、このヘッドマークの申
 
       羊の着ぐるみを被っているような・・・・
 
 
201601034q1a05022
 

2015

 
 
 昨年のデザインの
 
      コピペですやん(爆)
 
 
 
 
 
 

2015年8月27日 (木)

大井川鐵道、抜里駅

大井川鐵道、抜里駅

 
本線の駅のなかで立ち寄る頻度が高い駅のひとつです。
 
20150405dsc06165
 
抜里駅は家山と川根温泉笹間渡駅の間、
    幹線道路から離れた茶畑の中にある小さな駅
 
201503224q1a2823  
無人の鄙びた駅・・・雰囲気はそんな感じではあるのですが、
         いつも誰もいない寂れた駅というわけでは無いのです。
 
20150322dsc05749
 
古い駅舎には「サヨばぁちゃんの休憩所」と書かれた比較的新しい看板。
 
駅舎の一部が厨房に改造されてもいます。
 
201504054q1a3956  
地元のお年寄りに一週間に2回、手作りの総菜などを届けている活動をしている諸田サヨさんが「サヨばぁちゃん」の正体。厨房はそれを作るための施設。
 
201504054q1a3954
 
この看板を掲げて一般客用にも営業しはじめたのは2年ほど前かららしいです。
 
201508224q1a1104  
お年寄り相手のサービスのついでに、ここが開くのは週二回。土曜日が開店日なので、機会があれば立ち寄られてはどうでしょうか。
 
春に立ち寄らせてもたったときに500円のお弁当(個々で作られたものではなく配達されたモノですが)を買ったら、菓子とうどんとおはぎがついてきました。そんなところです(笑)
 
20150322dsc05714  
駅のお掃除などに来ている、おっちゃんの中にはSL写真を撮っている人もいて、
ひまわり撮り頃かもしれん、そこまで一緒に観に行ってみる?
などと声を掛けていただいたりします。
 
「こっからだと、あの樹が邪魔なんだよなぁ。あれが無ければなぁ・・・。」
トーマス終わるまでに切っとくから、また来て
                                                       だって・・・
 
       豪快すね。(^^;;;;
 

2015年8月24日 (月)

ちょっと大井川鐵道まで

先週の土曜日、大井川鐵道にトーマス君を見に行きました。
昨夏も行ったので、今回が2回目です。
 
20150822dsc09816
抜里駅付近
 
昨夏はかみさんを連れて行かず、「なんで連れて行ってくれないのかと」厳しく問い詰められましたので、今年は一緒に出かけました。これでクソ暑いのを知って、おそらくもう懲りたでしょう。
 
201508224q1a1127
千頭駅構内
 
実は昨夏から大井川鐵道には5回出かけています。
 
昨年、今年で夏2回、今年の春に3週連続。
 
なんとなく様子が分かってきましたので、皆様の撮影計画の足しになるかどうかわかりませんが、少し現地の様子を紹介したいと思います。
 
まずSLが牽引する列車は、いつ、どこを走るのかというのをざっくりと説明します。
 
201408314q1a9630
 
定期列車として運行されているのが、SL急行かわね路です。
かわね路1号は新金谷駅11時52時発ー13時09分千頭着。
 
20140831dscf8376
 
機関車は千頭駅を切り離し、手動の転車台で方向転換し、再び客車に連結。
 
SLかわね路2号として14時53分に千頭を出て、16時9分に新金谷に戻ります
 
この列車は冬の平日の一部を除きほぼ毎日走っています。
 
牽引するSLはC11だったりC56だったりC10だったりといろいろみたいです。
 
201408314q1a9658
家山鉄橋を渡る、上りトーマス号
 
 トーマス号は新金谷10時38時発ー11時51分千頭着,千頭発14時10分-15時27分新金谷着の臨時列車として走ります。今年は時々(火、水)ジェームス号がこの時間に走ったようです。トーマスとジェームスが両方走る日もあって、そのようなときは、ジェームズが新金谷発10時、11時13分千頭着、千頭発13時39分ー14時53分新金谷着で走ります。
 
トーマス号、ジェームス号が走る日だけ、SL急行の前後に臨時急行電車が走ります。片道だけSLに乗る人のことを考慮した設定なのでしょうかね。
 
201408314q1a9561
下りのトーマスと、上りの臨時急行が地名駅ですれ違います。
 
アタクシの場合、もちろんかみさんなどを連れず、自由に行動できる場合ですが、トーマスを撮る場合、その前に走る急行電車をまず撮ります。練習で・・・。
 
千頭駅でトーマス君がで転車される姿を見たければ、下り列車を撮ったら速攻で撤収して千頭駅へ急がなければなりません。そうでないのなら、のんびり撤収して、かわね路1号を別の場所で撮影すべく移動となります。
 
20140831dscf8262
千頭駅転車台の上のトーマス
 
上り列車も同様。やはりSLは新金谷で転車台に乗りますので、それが見たければ、かわね路は撮らずに新金谷駅へ急ぐということになります。そうでなければ、かわね路2号をどこかで待ちます。
 
201504054q1a3741
家山駅付近を走る、SLさくら号
 
桜の時期は、新金谷駅と家山駅を往復する臨時列車「さくら号」が走ります。新金谷発10時38分-11時6分家山駅着  家山駅発14時59分-15時27分新金谷駅着。なので桜の時期の撮影場所は、桜の名所でもある家山駅の近くにしておくのが無難でしょうね。なお家山には転車台がありませんので、SLは最後尾に後ろ向きで連結された状態で新金谷に戻っていきます。
 
201504054q1a3786
煙幕を張りながらバックしていくC11227(家山付近)
 

2014年9月 7日 (日)

きかんしゃトーマスに会いに

 今夏、大井川鐵道に忽然と姿を現した「トーマス」。

 
201408314q1a9552
わー本物のトーマスだ!!
と、おもわず勘違いの感想を持ってしまうリアリティー。
(本物は絵ですから・・・)
 
 大人気とは聞いていましたが、そろそろホトボリも冷めたことであろうと、撮りに出かけました。
 
201408314q1a9455
普通電車・・・元近鉄の選手
南海の選手もおります。
 
 大井川鐵道って、新東名使うと結構便利で、島田金谷ICは大井川鐵道の線路から100mも離れておらず、SL急行の出発駅になっている新金谷駅までもそこから3km程度なのですよ。もうちょっと頻繁に撮影に来ても良いかなぁ・・・って感じ。
 
20140831dscf8193
地名駅
 
 ここでの撮影は、基本、まず下り列車をどっかで一回撮影。その後、千頭駅まで行って、待機中の機関車を撮影。最後に、どこかに先回りして下り列車を捕まえるというパターン。
 
20140831dscf8163
列車の本数はこんなもん
 
 今回、トーマスは臨時列車の扱いで運行、定番のSL急行「かわね路」も走るので、SLは一日2往復。時刻表によると、
 
  新金谷発下り列車:トーマス号 10:38発、かわね路 11:52発
  千頭発上り列車:トーマス号 14:10発、かわね路 14:53発
 
地名駅通過
 
 今回は、千頭駅で少し撮影時間を取りたかったので、下りの「かわね路」は千頭駅で出迎えることにして、下りのトーマスを地名駅で撮影し、その後すぐに千頭駅に移動。
 
20140831dscf8262
転車台は1周半回す大サービス。
子供達からは「頑張れっ、頑張れっ」の大声援
 
ターンテーブルでの機関車の転回を見学してから、千頭駅構内に入って撮影し、かわね路をお出迎え。で、トーマスが出発する前に千頭駅を離脱。上りのトーマスは家山駅の近くで撮影。最後は島田金谷ICの近くで「かわね路」を見送って帰宅というスケジュールです。
 
201408314q1a9576
左側の機関車はヒロ。
ヒロは劇場版『きかんしゃトーマス 伝説の英雄』の登場人物で日本製という設定。
作品の中で、ヒロが日本に帰るときに
トーマスも日本に遊びに来いよ
必ず行くよ
というやりとりがあったのだそう。
で、今回それが実現したという設定らしいです。
あたしは、千頭駅構内で朽ち果てかけていた96
久し振りに注目されていることに人知れず涙を・・・嘘
 
 トーマスは確かに大人気で、千頭駅は大混雑(臨時駐車場が設置されシャトルバスも出ている)でしたが、沿線のカメラマンは分散していて、それほどの混雑にはなっていないようにみえました。
 
20140831dscf8343
トーマスの側ではすっかり脇役
・・・ってか地味すぎて気がつかれないっじゃないかと心配になるくらい。
 
201408314q1a9658
客車まで原作と同じオレンジ色に塗ったのは、大井川鐵道が初めてなのだそう。
(ただし原作では客車は2両だけ・・らしい)

2013年5月 8日 (水)

JR東海「リニア・鉄道館」

 先日名古屋に用事で出かけたついでに、金城ふ頭にある鉄道博物館、JR東海の「リニア・鉄道館」に寄ってきました。2011年に開館した比較的新しい施設です。
 ろくに下調べもせず、さほど期待もせずに出かけたのですが、予想以上の充実度でした。廃墟かと見紛うばかりのアメリカの鉄道博物館とは雲泥の差です。
 
Dsc02639
955形新幹線とリニア
 入口を入ると、まず暗闇の中にスポットライトを浴びた3つの車両が出迎えてくれます。C62955形新幹線リニアMLX01-1。いずれも当時世界最高速度を出した車両です。
 
Dsc02557
 
 隣の大きな展示室には三十数両がずらり。いくつかの車両については内部も見学可能。懐かしさに涙が出るほどでした。
 
Dsc02563
ずらりと並んだ車両たち
 
Dsc02544_2
お世話になった0形新幹線と381形振り子電車「しなの」
 
Dsc02521
パンタグラフを伸ばしてみる。
 
 鉄道ジオラマも、JRならではの拘りの創り。すげーっす。
 
Dsc02586_2
名古屋駅を通過するドクターイエロー

Dsc02582
             富士山麓のローカル線
  
  
Dsc02574
伊勢神宮に東大寺に・・・
 
Dsc02603
                      大阪
    
  
Dsc02625
夜になると保守工事が始まる・・・芸が細かい
   
  
Dsc02565
運転シミュレーターもあります。
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Link

フォト
無料ブログはココログ