最近のトラックバック

音楽

2011年3月 7日 (月)

Who Shot Rock & Roll

昨日サウスカロライナの州都、コロンビアにある美術館「Columbia Museum of Art」に出かけてきました。

以前ショッピングセンターだった建物を改装して美術館にしたのだそうです。建物の裏に有料駐車場有り、周辺に路駐スペースも結構あります。25セント/20分でした。眺めてみるとお金入れないで止めている人がほとんどのように見えましたが・・・(^^;

入館料は10ドル。

20110305p1090210

さてこの美術館では今、
「Who Shot Rock & Roll: A Photographic History, 1955 to the Present」
という写真展が開催中(2/25-3/22)。

1950年代から現在までのロックの歴史が写真で綴られています。この写真展は全国を巡回していたようで、どうやらこのコロンビア美術館での展示が最後らしいです。

 50年代のエルビスからはじまり、60年代のビートルズ、ローリング・ストーンズ、エリック・クラプトン、さらにデヴィッド・ボウイ、kiss、マイケルジャクソン、マドンナ、エミネム・・・などなど、ロックンロールファンではない私でも知ってる顔、名前が並んでるんで、とても解りやすい写真展でした。・・・(^^;

 ライブ風景、スタジオ風景、デビュー間もない頃の写真、プライベートスナップのような感じの写真、ファトグラファー、デザイナーとアーティストのコラボレーションの結晶である、レコードジャケット作品などなど。記録写真としても、アートとしても、楽しめ、見応えもたっぷりでした。

 あっ、日本人カメラマンみっけ!
  鋤田正義さん デヴィッド・ボウイの写真(1973年)。
   他にもあったかもしれませんが、気がついたのはこれだけ。

 エルビスの写真だったっけなぁ・・コンタクト・フィルムが展示されていて、フイルムの種類をみたらプラスーXでした(写ってる内容よりもフイルムを覚えてしまう性が悲しい・・)
感度400のモノクロフィルム、トライXが発売になったのが1954年。
1950年代ってのは、そういう時代だったんだなぁ・・・と、しみじみ。

 今のデジカメとは比較にならないほどの、低感度のフイルムと、連写の効かないカメラと、枚数制限のあるフイルムで、ロックンロールのグルーブを表現しているんですが、しかもモノクロでね・・・それでも今の写真に劣らない・・・いや、勝っているかもしれない力があるってのは何でしょうね。

2007年10月28日 (日)

花咲く旅路

Dsc05377夏川りみ 

「花咲く旅路」が

iTunes STOREで
リリースされていたので

ダウンロードしてみました。

聴いたことはあるけれど、

 誰の曲だっけ・・・

  というのが思いだせず(^^;


検索してみたら「原由子」

そやそや、
言われればそんなような気も・・・(^^;

作詩作曲、桑田佳祐。


前回リリースの「時代」は

中島みゆきのオリジナルのほうが絶対いいと思いましたが

「花咲く旅路」は夏川りみのほうが好きです。


キセキノハナもダウンロード。

これ、オリジナルをよく知らんかったので、

 YouTubeで探してちょっと聴いてみました。

これ売れた曲だっけ・・・(^^;

 聴いたことあるような
  ないような。


でもなかなか壮大な感じでええです。


【写真】 富士山スカイライン 西臼塚
 遊歩道をブラブラ歩き、黄葉の樹を見上げ・・・

 ようやく紅葉がここまで降りてきました。

2007年9月16日 (日)

tears of anri

徳永英明が
女性アーティストの名曲13曲をカバーしたアルバム
「VOCALIST」
が売れているらしい。

それでもって
柳の下にドジョウが3匹もいたらしい・・・(^^;

徳永英明はさほど歌が上手い方ではないと思うのだが、

良く知っている曲で、
なんとなく流れていても邪魔にならず
安心して聞けるというのが受けているのだろうか。

へぇ〜と思っていたら、
「杏里」がJ-POPカバーアルバム
「tears of anri」
をリリース。

ちょっと影の薄くなったアーティスト
しかもシンガーソングライターが、
この手のカバーアルバムを出すことが
これからも続くのだろうか・・・

そういえば、槙原敬之も出してたっけ・・・

「影が薄くなった」
というのはちょっと言いすぎかも(^^;


とりあえず
この種のアルバムのなかでは
デーモン木暮が80〜90年代の
ガールズ・ポップ&ガールズ・ロックをカバーした
「GIRLS ROCK」
が1番のお気に入りである。

Dsc04999

野分けの後・・・芝川町
α100 Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA

2007年9月 8日 (土)

iPodリニューアル

iPodが新しくなりました。

nanoが「変」・・・デブ。

画面を大きくするためには仕方なかったのでしょうけど・・・・

ビデオなんか見られなくったって、前の縦長スタイルのほうが断然好きだなぁ・・・。

iPod touchなんてもの出ております。
 iPhoneの電話機能抜き? (^^;

  iPhoneが使えない地域のiPhoneファンに向けての
マスターぺーションツールなのかな。

 ちょっと、ちょっとちょっと・・・って感じだなぁ・・・
      touchだけに・・・(^^;


そろそろクラシックのほうを買おうかなぁなんて思っています。
時代遅れ? (^^;

Dsc04911 以前はiPodでフォトストレージを兼ねさせようかと思っていたんですけど、仕組み的に転送速度が遅過ぎて、まともに使える可能性が少ないと判断したので、その作戦は既に諦めております。

てなわけで手元には・・・(^^;

先月の東北のお祭りにも連れて行きましたとさ。

2006年11月10日 (金)

絢香 「First Message」

最近買ったCDシリーズ (シリーズになるのかどうかしらんけど)

Img420 絢香 「First Message」
 
 先週名古屋で購入。
 初登場一位なんだそうで、それに貢献してしまいました。

 車で行ったので、帰りに聞くCD買っていこうと思って・・・ちょうど発売日でしたんで。iTunesStoreでは扱っていないんですよね。
 
 だいたいこんな音楽しか聞かないんですよ。クラシックとかジャズとか聞かないもん。車の中で歌いながら帰ってくるんですよね、それが眠気覚まし。というわけで、「I believe」と「三日月」は歌えるようになりました(たぶん)。

 そうそ、葬式の帰りにはコブクロのベストを買いました。だから「桜」も大丈夫です。

2006年9月17日 (日)

iPod& iTunesグレードアップ

 iPodがモデルチェンジ。
クリップタイプのshuffleや、カラフルになったnanoなど、なかなか購買意欲をそそられるものがあります。
 
 iTunesも7にアップグレード、ゲームがダウンロードできるようになったらしい・・・iPodを使っていない私には当面関係なしですけど・・・。
 
 海の向こうでは640×480ドットの高解像度での映画配信も始まったようで、この分野でのAppleの独走はまだまだ続きそうな感じです。

 で、iTunes Store(いつの間にかMusicが取れてるし・・・)のトップソングに、なんとつボイノリオの「インカ帝国の成立」が入ってます。現在7位(-_-)。(最高位で2位まで逝っていたようです)
 
 東海地方の人中心のダウンロードなんでしょうか? つボイノリオ氏は私が中学〜高校時代1980年前後、CBC(中部日本放送)のラジオパーソナリティーとして主に深夜番組を中心に活躍してました。
 一時期は全国区進出。「つボイノリオ」って平仮名、カタカナ交じりの名前にしたのは、その頃じゃなかったっけ。下ネタソング王なのにmなぜかNHKの人形劇『プリンプリン物語』に出ていたのが不思議といえば不思議。
 
 つボイ氏、調べたら今でもCBCでは活躍してるんですね。朝9時〜12時『つボイノリオの聞けば聞くほど』だって。これって学歴詐称の新間正治がずっと居座っていた時間帯じゃなかったっけな。
 
Dsc01182 出したレコードで、有名ドコロは「金太の大冒険」、「極付け!お万の方」、「吉田松陰物語」「怪傑黒頭巾」・・・タイトルから想像出来る通り、全て下ネタだじゃれ歌です(怪傑黒頭巾はタイトルからではわかりませんが、近藤さんが主役の歌です)。でもって、軒並み放送禁止(笑)。そのなかに「インカ帝国の滅亡」ってのもあって、そいつのリニューアル版が「インカ帝国の成立」。実は「インカ帝国の滅亡」って聴いたことなかったんで、原曲は知らないんですが、少なくとも「インカ帝国の成立」は「ま○こ」の連呼(爆)
 
 これも今の今まで知らなかったのですが、KINTA Ma-xim MIXというのがすでに、2006年4月発表されており、ダンスチャートでは20日間首位を独占し続けた上、総合ランキングでもトップ20以内(最高17位)という快挙を成し遂げた(Wikipediaによる)そうです(ダンスチャートでは本日もトップ!)。これは『金太の大冒険』『本願寺ぶるーす』『怪傑黒頭巾』『花のDJ稼業』『極付け!お万の方』のメドレーです。
 
 いやぁ、つボイノリオって、すでにiTunes Storeの下ネタソングの帝王だったんですね。知らなかった・・・名古屋を遠く離れているものにとっては、懐かしく嬉しいけれど、思わずクリックしてしまう自分が恥ずかしい。

【写真】通りがかりのミス富士山(左)とイベントを眺める小室富士宮市長(右)
             巻狩祭り会場にて  (本文とは関係ありません)

富士の巻狩祭り

 富士の巻狩祭りとして、イベントが白糸の滝で行われるということだったんで、ちょっくら出かけてきました。
 
Dsc01176 本日のイベントは、10:30〜14:00 にお茶会。15:00〜17:00 にディジュリドウー演奏 、17:00〜21:00 白糸の滝燈回廊(白糸の滝周辺に和竹・和紙で作った灯を灯す)。

 午後から時間が出来たので、ディジュリドウー演奏のタイミングで現地へ(と言うより、行ったらたまたまその時間だったというのが正しい)。
 
 雨がパラパラしはじめたのと、滝に向う歩道の横の崖が崩れ始めて、急遽通行止めの措置を取ったりなど、計画変更もいくらかはあったのでしょうが、PAもおかしかったし、ちょっと冴えないイベントではありました(^^;
 ただ、雨に煙った分、幻想的といえば言えなくもない雰囲気で、それはそれは良かったのかな。
 
 雨も降ってきたんで一旦引き揚げちゃいましたけど、夜に雨は上がったんで「白糸の滝燈回廊」も見に行けば良かったかなぁ・・・。

 今日の巻狩もそうですが、α100にしてから、地元のイベントに積極的に出かけるようにはなりました。これがα100購入の目的でもあったわけで、写真家へのリハビリ、第一歩は成功というところかな。

ミニコンサート

 昨日も名古屋。
 新富士から新幹線を利用することもあるのですが、今回は富士宮から静岡まで特急「ふじかわ」、静岡から名古屋まで新幹線。行きは静岡駅で乗り継ぎタイムラグがありますが、帰りは16時13分に名古屋を出て、17:50に富士宮に着いてしまうので、自宅から名古屋までの時間とすれば、これが最速。新幹線からの乗り継ぎだと特急料金も安いしね。
 
 病院で所用を済ませたアト、時間が中途半端だったので、名古屋駅まで歩いていこうとブラブラ。

 途中、ヤマハミュージックのお店の前を通りかかったら、どこからともなく「情熱大陸」が聞こえてきました。なんだろうと見たら、中で何人かが演奏をしています。

 Dsc01097 で、お店の中へ・・・
 
 やっていたイベントは、ヤマハのサイレントシリーズ(サイレントバイオリンとか・・)のPRを兼ねたEverlyというグループのミニコンサートでした。30分くらいだったのかな? 結局最後まで聞いてしまいました(^^;
 
 それぞれ複数の楽器が出来るので、編成を変えたり、ボーカルもあったり、多彩(多才?)なのは認めるのですが、それだけに逆にグループそのもののイメージが薄くなってしまった感じもありました。
 宣伝兼ねたイベントだし、とりあえずミニコンサートだってことで仕方ないのかも。

2006年6月11日 (日)

旧館1Fオーディオシステム再構築

 名古屋に出かけたついでに大須ハイファイ堂で物色してきました。

 もちろん細々ではありますが、一部のメーカーは今もHi-Fiオーディオ機器をラインナップしておりまして、それを購入するという選択肢もありました。
しかしながら高級品は、当然の事ながら手が出ず、売価2万円程度のモノを買うのもどうなのかしら(何がどうなんだか・・・?)ということで、中古です(^^)

 オーディオの中古購入なんて、記憶が確かなら、もうかれこれ30年近く前に、2トラ38のオープンリール買ったとき以来でしょう。

 一応在庫内容のWeb上でざっと調べておいたのですけれど
「安いのでいいから適当なの紹介して」
 という、ダイレクトなリクエストをしてみました。

 日本語の若干あやしいお兄ちゃんに、幾つか持ってきてもらい、店頭で一応繋げて音がまともなことだけ確認して購入。

Dscn7530 とりあえず総予算6万円のところ5万4千円で予定通りでした。
オークションなら半額くらいで手に入る可能性もありそうですが、面倒だからこれでいいやと。

何れも所謂庶民級のローエンド機種ですけど、ルックスはマズマズ(まずルックスかい!)。
音もミニコンポよりはマトモに違いない・・・と言い聞かせております。

 BGM用という感じでセッティングしてある101MMでCDを聞いた感じでは、かなり柔らかな印象。部屋の配置替えも含め、現在いろいろ検討中。スピーカーコードの長さが足りなくなっちゃッたんで、買ってこなくちゃ。ホントは短い方がいいんですけれどね。

 そうそう、そういえば、これ自分の部屋じゃないんですよね。残念ながら(^^;

2006年6月 5日 (月)

なんちゃってオーディオ

オーディオ(なんてのはおこがましいですけど)ネタついでに・・・

 いまさらピュアオーディオなんかにハマル気はさらさらないのですけれど、最近気になることはあるのです。こないだ久々にLP(レコードね)をかけてみたら、エラク音が良かったんですよ。

 考えてみると、コンポのCDプレーヤーが壊れて以来、もう何年もの間、音楽聴くのは車の中だけという生活でした。もし自宅で聴くとすればMacに直接繋いだUSBスピーカーで聞くか、もしくMacの出力をアナログ変換してアンプ(サンスイAU-D907F)に繋いで聞いていたわけです。

 そんなインチキなシステムと、レコードプレーヤーを直接繋いで聞くのとは流石にかなり違います・・いくら「なんちゃんてJBL4312」スピーカでもわかるんですね。気がついてしまうと気になるものでして、うーん、やっぱりこんな音じゃぁまずいだろ(何がまずいんだか、よくわかりませんが・・・)と、正直、思いはじめているところなのであります。

 だから、ちょっとだけ気を使ってみたりしようかな・・・と。ちょっとだけよ(^^;

Dscn7527 あと、AV関係でってことだと、全く手をつけていないのがはホームシアターですな。そんなのセットしたところで、ビデオすら見ることがほとんどなかったあんたが、見るわけないじゃんかっ!つぅのはあるんですけどね(^^;

より以前の記事一覧

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Link

フォト
無料ブログはココログ