最近のトラックバック

携帯・デジカメ

2016年7月 4日 (月)

iPadを水没→Genius Bar初体験

iPadを水没させてしまいました。
         それもバッグの中で・・・・
 
かなり水分入ってしまったようで、復活の気配無くご臨終
 
 
201606264q1a1025  
 
水没の翌々日、ちょうど野暮用で東京だったモノですから、
Apple store GINZA店Genius Barを予約して
行ってきました。
 
はじめてのGenius Bar体験。
 
GINZA店のGenius Barは4Fです。
 
 
201606264q1a1014  
 
ひゃぁ〜、お客さんこんなにいるのね。
広いフロアいっぱいにいくつもテーブルがあって、3〜4人ずつ座ってサポートを受けています。
 
中には「この人替えて下さ〜い」と叫ぶ女性も(^^;
 
なかなか興味深い空間です。
 
あたくしのiPadは、交換修理しか選択肢がないので
ややこしいサポートのお客さんなんかに比べれば話が早い。
 
「在庫ありますね」ということで、
新品なのか、整備品なのかわかりませんけど、
とにかく新しくぴかぴかになったiPad miniが手元に・・・。
 
3万円也
  良心的なお値段だと思います。
 
 
20160703dscf1146  
 
環境はiCloudからほとんど復元できたのですが、
                 駄目なのがLINE
Cloudにデータを投げていないので、過去の通信記録が無くなるのは仕方がないとしても、以前のアカウントが使えない事態に・・・
それは何故かというと・・・
 
 
Img_2234  
 
LINEの本人認証は基本的に携帯やスマホで行われます
認証のための数字がそれらの電話番号にSMSで送られるのです。
 
電話番号を引き継いだ携帯、スマホであれば、そのスマホそのものに
SMSメールが送られるので、問題ないのです。
 
問題は、私のようにiPadしか使ってない人です。
iPadはCellularモデルであってもSMSが使えません。
 
だから認証には他の携帯やスマホを使うことになるのですが、
最初に認証に使った携帯No.を失ってしまった場合、
以前のアカウントに対する認証が出来ず、お手上げになってしまうのです。
 
認証番号はLINEのアカウントにも送られるので、
複数のマシンでLINEを使えるようにしてあれば、1台が死んでももう一台で認証番号を受け取れます。それが今回のようなケースに対する対策になるのでしょうね。

2014年8月16日 (土)

台湾への旅4 ー FUJIFILM X-M1初登板

 さて、今回の旅のメインカメラのFUJIFILM X-M1。実はこれ、出発の直前に購入した、私にとっての初めての所謂ミラーレス一眼。購入のきっかけは、最近の価格低下で、それは以前の記事に書いたとおりです。
 
Dscf3397
FUJIFILM X-M1  XC16-50mm f3.5-5.6 OIS
 
 レンズはキットの標準ズームレンズ 16-50mm OIS (35mm換算24-76mm)をつけっぱなし。この組み合わせでぶれ防止が働きます。
 
 そろそろ市場から消えようかという機種ですから、いまさらレポートとかはしませんが、使ってみての印象を少々。
 
 ちなみに、ここに載せた画像はすべてカメラからのJPEG出しそのままです。FUJIの色としてご参考に。ホワイトバランスは昼間はほぼデイライト(太陽光)設定、夜市などではオート設定にしています。ただ、実際にはRAWデータを加工して仕上げることがほとんどです。
 
 フイルムシミュレーションはVelviaかProviaどっちかなんですが、あとで確認する手段が分からないんで、記載していません。Exifにデータが書かれてないと思うんですよね。どうしたら分かるんだろう? 知っている人がいたら教えて下さい。
 
Dscf3461
FUJIFILM X-M1  XC16-50mm f3.5-5.6 OIS
夜市の撮影ではISO感度は無条件で3200設定にしてしまいました。
粒状性、解像度、色再現性も実用上不安がありません。
 
 流石に評判の良い機種なので大きな不満はありませんでした。細かいところでは、露出補正に使うメインコマンドダイヤルが回りやすく、知らないうちに設定が変わってしまうことのが気になりました。もちろん設定はモニターに表示されているので、撮影時に視認できるのですが、老眼の激しい私には見えないんですよ。老眼鏡しろよ! ってことですよね・・(^^;
 
 あと、露出補正ダイヤルを操作すると表示が白から水色に変わるのですけど、あれ色が変わるだけじゃ無くて大きく表示させてくれないですかね。そうしてくれるととっても助かるんですけれど。老人の希望です。
 
20140804dscf3355_2
EOS5D mark3との撮り比べ
Xシリーズは色が良いという評判ですが、それは主観的なものですから、好き好きだと思います。
 
 老眼で表示が見えないせいで、ISO感度設定をAUTO設定にしてあるつもりが、実は3200になっていて、昼間もそれで撮ってしまったということがありました。カメラが悪いんじゃ無くて、私の目が悪いんですけどね。
 
Dscf3634
FUJIFILM X-M1  XC16-50mm f3.5-5.6 OIS
ISO3200で撮ってしまった昼間の風景
最小絞りでかつ、シャッター速度がムッチャ早い(^^;;
 
ISO3200で撮影した画像も、普通に使うには全く問題が無いってのが凄いです。凄い時代になったものです。これまで昼間の撮影時には念のため最低感度に設定しておくとか、オートでの調整範囲の上限を400とか800までに制限しておくことが多かったのですが、そんな気遣いも不要なのかなと思わせます。
 
Dscf4139
FUJIFILM X-M1  XC16-50mm f3.5-5.6 OIS
 
 コンデジだと、いちいち設定などいじらずにフルオートで撮っちゃうことが多いので、設定ミスをあまり起こさないんですが、ミラーレスとはいえ一眼ですと、それなりの絵を撮ろうと思ってしまい、いろいろ触るんですね。だから設定間違いが起こる。やっぱり老眼の身には、ファインダーがあって、その中にいろいろ表示されるカメラのほうが良いなぁと思います。とはいえ、XーE2やX-T1はサブには豪華すぎるので、今回はこれで良し、です。
 
Dscf3344
FUJIFILM X-M1  XC16-50mm f3.5-5.6 OIS
超逆光でもなかなかの描写
カメラの中で収差を補正してしまうので建物が歪みません。
 

2011年7月16日 (土)

PEN pic

「アートフィルター」が楽しめるiPhone向アプリ「PEN pic」提供が開始されました。無料です。

http://www.penpic.com/

基本的には写真共有アプリで、操作方法は「Instagram」と全くと言っていいほど同じです。正方形にトリミングされるところも、アートフィルターの選択のしかたも。TwitterやFacebookに画像を投稿する機能もほぼ同じです。

写真を撮ってアートフィルターで加工。位置情報に関連付けてシェア。「Instagram」に無い機能としては、次にその場所を通った人が、その写真を見ることができる機能がついています。説明文は「あなたが通過した場所に写真が落ちていると、PEN picで拾うことができます!」だって(^^;  写真って落としておくもんだったのか!!。


「例えば家の近所や職場の近くなど、プライベートな空間をブロックエリアに指定することにより、アップロードする前に「ブロックエリアの中ですが、ここに写真を落としてもいいですか?」と聞いてくれます。 」だって(笑)

PCの時代にはさ、ネット上にデータをコピーする事を「アップする(上げる)」、ローカルにコピーすることを「落とす」って言ったはずなんだけど、今はもう逆なのね(^^;

クラウドにコピーする事を「落とす」。ローカデバイスに持ってくることを「拾う」か・・・うーん(^^;

使ってみたら重大な問題点が発覚。位置情報が取得でき、しかもその位置がブロックされていない状態でないと写真が落とせない・・・アップロードできないという事実。たとえば自宅の位置を公開したくなかったら、自宅からはけして写真はアップロードできない・・・とそういう仕様。役たたねぇ・・・。

まっ、とりあえずは「Instagram」との併用だな。

Img_1301

2010年9月20日 (月)

iPhone4でHDR撮影

iOS4.1で、iPhone4のカメラになんとHDRの機能がつきました。

いつも通りカメラ起動させると
    HDRーオン、オフの表示が・・・
                   あれ?

みたいなことで気がつきました。
      まったくノンビリした人間で・・・(笑)

いままでもHDR合成ができるアプリは出ていたのですが
今回は標準機能としての追加です。

しかしいきなり表示されても、
「HDRって何?」
って思う人もたくさんいると思うんだけどね。


さてさて、では、その効果をばご紹介いたしましょう。

まずは道端に横たわる彫刻です。

Hdr1_3

効果分かりますよね・・・ねっ・・
          (って強要してどうする)

HDRありだと、彫刻の顔も潰れていないし
木漏れ日が当たっている歩道も飛ばずに描写されています。


もうひとつ、今度は本屋の中のスタバ。
室内からの逆光撮りという悪条件です。
 
Hdr2

まさにHDRの真骨頂みたいな感じで、効果覿面
("こうかてきめん"ってこんな字を書くんだね、始めて知りました)

右は歩いている人の手です。
HDR画像のほうは、手を透かして後ろの本棚が少し見えています。
2回撮影されているってのがわかりますよね。
(素晴らしい作例だこと!!)
 

iPhone4 & HDRで検索していたら
こんなブログを見つけました。
写真・・・まるでお手本の様に上手いです。
"iPhone4 with HDR"も私のようないい加減でなく
鑑賞に堪える写真を作例として撮影されています。

いやぁ・・・素晴らしい。

2010年9月11日 (土)

なんちゃって LOMO

Morelomo

癖になります、これ。

気に入っちゃって、くだらない写真をやたら撮っています。

もうLOMO欲しいと思わないもんなぁ・・・
 

Cc01
【写真】iPhone with Morelomo
Cades Cove にて (Great Smoky Mountains National Park)
 
 
レリーズは、モニター画面をタップしなきゃいけないんですよ。
なんで、絶対ぶれるんです(笑)

それもまた味ってことで。

2010年9月 5日 (日)

iPhone4

iPhone4を逝ってしまいました。

M_iphone

 
アメリカ移住後、物欲街道爆走中です。

っていうか、
  少なくとも生活に必要なものを
   買いそろえなければならないので
            必要な出費です。

本当か・・と問いただされれば・・・
    「ううむ・・・」と
     いう部分もないではありませんが・・・

その他諸々のお買い物報告は
   こちらのサイト


さて、我々新米在米人は、クレジットヒストリーがないので
電話の契約の際、Depositを払い込まなくてはなりません。

クレジットヒストリーってのは、クレジットの支払い実績。
ちゃんと借金を滞納せずに払ってると、
こいつは信用できるやっちゃってことになるわけです。

アメリカではそれがないと、
特に「料金後払い」の契約は
なかなか出来ないってことになってるようなんです。

なので、あたしらがネット注文してもはじかれちゃう。

たぶんそうだろうってことは解ってたんでんですが
一応試してはみました。

 Apple store:その場でNG判定
 AT&T:一応注文手続き完了したが、
   翌日、手続き進行できず注文はCANCELされたと連絡有り。

そんなわけなので、
  我々は店舗で注文しないと買えません。

      市内のAT&Tへ、Go.


「iPhone買いたいんだけど」
と、黒人のおばちゃんに

「あっ、そこで、手続きするんだけど、
  今やってる人が終わってからね、
  ここにケースがたくさんあるから、
        それでも見てて・・・」

前の人・・・なにやってんだかなかなか終わりません。

しばらくしたら、クリントン似の白人のオバサン。
「iPhone持ってるの?」
「持ってないっす」
「あっ、初めてのiPhone? それはいいわ、
  Apple Careとか、MobileMeとか、そういうのは必要ないの?」
                (たぶんそんなこと言った)
 なんて、まだ買ってないのに聞いてくる。

前の人・・・まだ話してる・・・まだ・・・

他に暇そうな人は居るのに、手続きは一人かよ・・・
 あんたらいったいなんなんだ・・・
         と言う気もちょっと(^^;

ようやく私の番。

 受付の黒人のお姉さん、プランを説明して、どれにしましょうなんて聞いては来ますが、十分解ってる話なんで、聞き取れなくても大丈夫でした。それと、たぶんSSN番号を問い合わせて、私にクレジットヒストリーがないっていう結果になって、Depositを要求してくるなってのも、全部解ってたので。

こちらでのお値段は(私のプランだと)
iPhone4本体(32GB):$299
通話450min :$39.99  
  ほとんどいらんのだけど、一番高い。
deta-2GB:$25.00  
  AT&T回線パンク寸前とかで、
最近無制限プランがなくなったらしい。
200messages:$5.00
  たぶんほとんど使わないと思って、小さめに・・・

です。

「あんたの会社だと割引ができるよ
          IDカード見せてちょうだい」
             ってのだけ、想定外(^^;

IDカード持って行かなかったんですよ。
  なので、「アトで持ってくるよ」
          ってことで、処置。

最近の文明の進化から、遅れ気味であった私ですが
少し追いついたような気がします。

 ってことは使いこなしてから言えってか?(爆)
 
 
Lomo01

by Morelomo

morelomoはLomo風の絵が撮れるiPhone用の無料アプリです。
有料のものも含めて、この手のアプリはかなりたくさん出てます。
 
 
iPhone4の、日本でのお値段

 ソフトバンクのウェブサイト見ても
 いくらなんだかさっぱりわかんないんですけど
               日本語なのに(爆)

 いったいいくらなんだよ!!
   こんな書き方されて腹立ちません???
   俺の頭が悪いのか????

ただまぁ日本のほうが安そうな気はしますね・・・
               なんとなくですが。

2009年11月28日 (土)

読書の秋もそろそろ終わりか・・・

最近TVでCM流れてますけど

シャープの携帯、CCDカメラ、画素が1210万画素ですって?
 
 
びっくりしちゃいますよね。

暗いシーンに強いなんて宣伝してるんだけど
               本当なんでしょうか。

  にわかに信じられない世界です。
 
 
さて、読書の秋も過ぎ去り、冬に突入しておりますが

この秋に読んで、面白かった本を2冊ご紹介します。


一つ目
ナガサキ-消えたもう一つの「原爆ドーム


 爆心地の近くにあった浦上天主堂。
 当然のことながら原爆で崩壊。

 原爆の記憶を未来に伝えるモニュメントとして
天主堂の瓦礫の山を残す方向で世論が高まっていたにも
かかわらず、戦後13年目に取り壊され、
天主堂は再建されました。

市長の態度の豹変。

この方針転換の裏に何があったのか?

長崎原爆の隠された真実に迫るノンフィクションです。
 
 この手の話は立場によって見方が変わるので、
著者の考え方が全てとは思いませんが、
まずまず納得できるストーリーです。

 私が昨年、ドイツのドレスデンに行ったとき
泊まったホテルの前に、聖母教会(フラウエン教会)と
いう大きな教会がありました。

この聖母教会は第2次大戦中に
 連合軍のドレスデン大空襲で破壊。

 戦後はドレスデンは東ドイツ、共産圏に。
 
 教会の跡地は瓦礫の山のままにされていましたが、
ベルリンの壁崩壊後、 1991年に再建が決まり、
2005年に再建事業が完了しました。

 旧連合国からの支援も相当あったようです。

 似てる・・・(^^;
 
 
 キリスト教の国が、自らの軍事活動で破壊した教会を
そのままの姿でのこされると、嫌な気分なんでしょうな。

罪が許されない気分・・・ってことなんでしょう。

20080722dsc06255
 
【写真】ドイツ・ドレスデン フラウエン教会  2008.7
 
 
で、ふたつめ

齋藤孝のざっくり美術史
 
著者の言葉をそのまま引用
  そこで本書では、学校の美術の時間を本当はこうやって欲しかったと
  いう私の思いも込めて、画家の「うまさ」「スタイル」「ワールド」
  「アイデア」「一本勝負」といったキーワードを手がかりに、
  「齋藤流美術の楽しみ方」をお伝えしたいと思います。

まさにそのような本です・・・って、適当な紹介(^^;

でも面白かったですよ。
齋藤教授のものの考え方、受け止め方、
       整理の仕方が良くわかりました。

    その分類にも大きな違和感なし。
 

 本の中で紹介されている絵が、
全てこの本に掲載されているわけではないので、
有名な絵のいくつかは知っている・・・
というレベルの人でないと
何を言っているかわからないかもしれないので
要注意ではあります。

2009年5月 6日 (水)

岡本太郎記念館

かねてから一度訪ねたいと思っていたところに

           今日は出かけてきました。

青山にある「岡本太郎記念館」です。
 
20090506p1010707
 
【写真】 岡本太郎記念館
 
 
20090506p1010716ここは、もともと岡本太郎の

アトリエ兼住居だったところで、

今は記念館として開放され、

作品の展示などが行われています。
 
 
ちなみに、この記念館は
 
 「写真撮影自由」となっています。
 
 
現在の企画展は

『明日の神話』40年の軌跡 展


昨年11月、渋谷駅に岡本太郎の巨大な壁画『明日の神話』が
設置、公開されました

 
 
20090506p1010666

【写真】『明日の神話』@渋谷駅
 
 
この作品は40年前、メキシコでホテルの壁画として制作されながら
その後行方不明になっていた作品です。

2003年9月、メキシコシティ郊外の資材置き場で発見され
日本へ運んで復元


日テレや東京都現代美術館で展示された後、
安住の地として渋谷駅が選定され恒久設置に至っています。
 
 
記念館に寄る前、しっかりと壁画も見てきました。

ほとんどの方にとっては日常の風景でしょうから
見向きもされない・・・という感じですけれど
ときおり足を止めて魅入られる方、
写真やビデオを撮られる方もいらっしゃいました。


本日のコース
 渋谷駅『明日の神話』
 
 → 秋山庄太郎写真芸術館
 
 →岡本太郎記念館
 
 →Lomography Gallery Shop Tokyo
 (ロモグラフィーのフラッグショップです)
 
 →FUJIFILM SQUARE
  
です。

詳細はまた後ほど。

2009年3月18日 (水)

iのあるメール大賞

先日、ケータイを買いに行ったとき

ショップの「iのあるメール大賞」受賞作品集なるものが

置いてあったので、待ち時間に眺めていました。


なかなかええ話、満載。

中には作っちゃった話もあるんだろうなと

思いながらも、ちょっと泣けます(笑)
 
 
Webでも見ることが出来ます。

これがまた、凝った造りです。


ただ、なぜフイルムを使ったデザインなのかが謎なのと、

メールの文と、背景に使われている写真が

全くマッチしていないのが気にはなりますが・・・(^^;

2009年2月19日 (木)

桂新堂のえびせんべい

20090219dsc00882


頂き物ですが、

かわいかったので、思わずショット。


桂新堂は名古屋の慶応2年創業の老舗。


名古屋土産のえびせんべいとしては

坂角の「ゆかり」が一番有名だと思うのですが

坂角総本舖の創業は明治22年。

桂新堂のほうが古いんですねぇ・・・。
 
 
 
そういえば、かまぼこの「鈴廣」には

こんなのがありました。


20090214p1000441


「かまぼこトミカ」

タカラトミーとのコラボ商品なのだそうです。

男の子は喜びそうですよね。


色は合成着色料ではなく、

野菜などでつけられているとのことです。

高級かまぼこが試食できるので、

御殿場の「鈴廣」にはよく立ち寄ります(^^;

より以前の記事一覧

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Link

フォト
無料ブログはココログ