最近のトラックバック

ゲーム

2016年7月24日 (日)

Pokemon Go 狂騒曲

"Pokemon Go" が
    どうやら世界を席巻しているようだ。
 
先日日本でも配信が始まり、歩きスマホ人の数が尋常でなく増えたような気がするのは気のせいだろうか。
 
それにしても凄い。
 
少なくとも日本に於いては広告費はほぼ0円なのではなかろうか。
頼みもしないのにメディアで連呼してもらえるのだから宣伝効果は絶大だ。
 
これだけニュースになっちゃうと、
 とりあえずダウンロードしてみようかという気になってしまう。
 
モンストとか、グラブルとか、ゲームであるらしいもののTVCMはしょっちゅう目にするのだが、それらをダウンロードしょうなどという気は全く起きないし、どんなものなのか調べる気も起こらない。だからああいうものが何なのかいまだに知らない。こと私に対してはTVCMの効果は0。ところがニュースになると、ダウンロードしてみたくなってしまうのだ。
 
ゲームを始めようとすると、まずログインを求められる。
ええ、そうですとも、ダウンロードしましたとも!
 
 ここで、Googleアカウント位置情報の利用許可
 
ゲーム程度のアプリケーションにこれを要求されたら、普通、あたしはログインを止めてしまう。しかし、あまりに多くの人が実際にやっているという情報があるため、ログインすることを決心できるのだ。
 
メディアの情報とはそういう効果がある
      ・・・考えてみれば恐ろしいのだけれど。
 
田舎だとモンスターボールを手に入れることができる『ポケストップ』が無いとか、そもそもポケモンがいないとか、そういう状態にある(昨日の段階では白糸より上は空白に見えた)ようだが、どうやら着々と増えているようである。ウチの近所にも一昨日まではなかった(と思われる)『ポケストップ』が既にいくつか発生しているし(昨日は水窪池、今日は青木平の中央公園に出来ていた。)、『ジム』が出来たりもしてるのだ。作る担当の人、何人くらいいるんだろうか・・ってことが、とっても気になってしまう。
 
 
20160723dscf1611
 
富士山本宮浅間大社はもちろんジムに設定されている。
 
 
あたしはスマホを持っていない
         持ち歩くのはiPad miniだ。
 
衆人環境のなかで、歩きiPadでPokemon Go!!というのはかなり恥ずかしく、だからそれほど遊んではいないのだが、『ポケストップ』を見つければクルクルしたくなるし、モンスターが現れれば、ボールをぶつけたくなる心理はわかる。街中のように、少し歩けば『ポケストップ』があり、モンスターが現れるという状況なら、次々とそれを追いかけてしまうというのも理解できる。
 
  20160723dscf1616
 
浅間大社内にはポケストップが集中
これもポケストップ
 
 
『ポケストップ』は意外 に小さなモニュメント・・祠や道祖神だったりして、「こんなものがあったのか!」と改めて気づかされることもあった。
 
 
20160724dscf1647
 
山宮浅間の道祖神
都会ではどうなのか分からないが、
田舎ではこういうものがポケストップになっている。
担当者の趣味かもしれないが・・・
 
 
観光情報を発信したい側と連携すれば、ビジネスにもそれなりの効果を発揮しそうだが、たとえば「神社」などでは、『ポケストップ』撤去の動きなどもあるそうで、いまのところそういう目立った動きはなさそうだ。
 
とりあえず、今は私のようにニュースに釣られて、とりあえずやってみたという人がほとんどで、一月もすれば騒ぎは収まはするとは思うのだが、かなりのユーザーは残るだろう。
 
夏休みに親子で出掛けるところも、”どうせ行くなら、レアなポケモンが出るところに行きたいねぇ"なんてことになっているのかもしれない。
 
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Link

フォト
無料ブログはココログ