最近のトラックバック

水族館・動物園

2017年2月28日 (火)

レッサーパンダだらけの熱川バナナワニ園

稲取でつるし飾りを見た後、ちょっと帰るのには早いよねと
  立ち寄ってみたのが
 
      「熱川バナナワニ園」。
 
 
20170218dsc06945  
 
地図上で時々目には入っていたのですが、
これまで行こうと思ったことは一度もありませんでした。
 
事前知識は100%無しです。
 
こんな時じゃないといかないでしょ、とかみさん。
 
  マジっすか
 
    バナナとワニですよ。
 
   それで入園料1500円(割引きあり)ですよ。
 
                高くないっすか?
 
 
20170218dsc06781  
 
そもそも熱川温泉自体が昭和の香り濃厚なのですが、
 
           ワニ園の入り口も昭和100%・・・
 
   確かにワニが沢山おりました。
 
 
20170218dsc06676  
 
でも、ワニの巨体に対してコンクリート製のプールが狭くて、
 
          なんだか切ない。
 
       これって昭和の施設だからでしょうか・・・哀愁?
 
 
20170218dsc06671  
 
でも、ここのウリはそんなんじゃなかったのです。
 
実はここ、ニシレッサ-パンダを飼育している
           日本で唯一の施設なのですよ。
 
 
20170218dsc06838  
 
日本の他の動物園で飼育されている
 中国系のシセンレッサーパンダより、
     ちょいと小さいのですが、
 
          その数が半端無い・・・
 
 
20170218dsc06879  
 
1985年にワシントン動物園からつがいがやってきて、
  繁殖に60頭を超える繁殖に成功しているそうで、
 
    今は20頭以上飼育されているらしいです。
 
 
20170218dsc06835  
 
間違いなくニシレッサ-パンダの世界一の繁殖施設です。
 
もう、ここ「バナナワニ園」ちゃうやん
 
 
20170218dsc06692  
 
20170218dsc06768  
  20170218dsc06787
 
 
で、もう一つ稀少生物がおりまして。
  世界中で4頭しか飼育されていない
 
 アマゾンマナティー
 
 
20170218dsc06735  
1962年生まれくらいらしいです。
 
  飼育世界記録を絶賛更新中だとのこと。  
 
熱川バナナワニ園は1958年に開園、
 
          まもなく開園60周年
 
 
20170218dsc06916  
 
おそらくこの珍妙な施設名が浸透しているため、
   うかつにそれを変えられないのでしょうね。
 
経営は楽ではなさそうな気はするのですが、
        なんとか頑張って欲しいものです。
 
 

2016年1月16日 (土)

名古屋東山動植物園

名古屋の 東山動植物園
 
Wikipediaによりますと
 
開園は1937年(昭和12年)だそうです。
 
戦前でございます。
 
戦争中には動物園で飼育されていた多くの動物が死んだわけですが
東山動物園では2頭のゾウが戦後まで生き残り、
戦後に大人気となったことが知られています。
 
あたくしは
  昭和40年代後半から50年代前半に
    ここをよく訪れておりました
 
その後、植物園側に入った記憶は
      あるような、ないようなですが、
 
少なくとも、
 コアラが来てから動物園側に入った記憶が無いので
 
   先日のシャバーニ見物が、
 
      30年ぶりくらいの動物園再訪となりました。
 
 
20160109dsc01703   
 
私の記憶に残っているような古い施設がまだあります
 
 
20160109dsc01591
 
記憶あるなぁ・・・このキリン舎
 
旭山動物園的な、今風な展示がされているところは少なく
 
       そこはかとなく昭和の香りも致します。
 
もともとは、
  2017年完成を目標にしていた再生プラン
      というのがあったようなのですが、
 
現市長の河村さん
  この計画の白紙撤回を公約の一つに挙げて当選しておりまして、
             それからやや減速したのでしょう。
 
平成22年5月に、
 改めて東山動植物園再生プラン新基本計画が策定され、
    今はそれに沿って施設改修が行われているようです。
 
詳しくは ↓
 
 
 
 
平成19年に策定された旧再生プランもダウンロードできるので、
どのあたりが変わったのか比べてみるのもマニアックな楽しみかも。
 
新しくすべてを変えるのではなく
 歴史的資産の保存にも配慮した計画になっているようです。
 
 
20160109dsc01646
 
昭和13年に造られた鉄筋コンクリート製の恐竜
保存のため調査中でした
 
 
園内ではあちこちで工事が行われていました。
 
 
20160109dsc01724  
 
どうやらシャバーニ君の家も新築されるようですな。
 
これから、どうなっていくか楽しみです。

2016年1月12日 (火)

イケメンすぎるゴリラの撮影会に参戦

す「イケメン人気上昇中

  名古屋東山動物園 西ローランドゴリラ
            「シャバーニ
 
     1996年10月生まれの18歳です。
 
 
20160109dsc01556  
 
 最近ではアドビともタレント契約をしたようで、
      年賀状のCMでよく見かけました。
 
 
 
20160109dsc01793  
 
 今の時期は寒いのか、
   なかなか屋外の運動場に出てきてくれません
 
20160109dsc01765  
寝転がってお客さんの様子を伺いながら鼻をほじる
 
 
出待ちのオジサンのうち約1名のレンズがこれでした。
 
20160109dsc01799  
 
 このAF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR
   価格.comの最低価格でも100万円超えのレンズです。
 
   どんなけ本気だよ(@_@)
 
 
20160109dsc01883_2  
室内展示場では間近にみられるモノの、
ガラスに光が反射して写真撮影には不適です。
 
 
  責任感の強いシャバーニ」は
   自分の人気を心得ているようで、
      時々、お出ましになられます。
 
 
20160109dsc01965
 
待たせたな!
 
 
出待ちのカメラマンがすっ飛んで来て、 観客も殺到。
 
 いよいよ撮影会の開始です。
 
 
   座って、何種類かのポーズをとりまして、
 
    視線を右から左に、そしてまた右に。
 
目線下さ〜い
 
    パチ パチ パチ
 
 
20160109dsc01953_2
 
鋭い視線にダンディーなオーラを感じます。
 
 
こっちもよろしくお願いしま〜す
 
       ガシャ ガシャ ガシャ
 
 
20160109dsc01994  
 
は〜い、セクシーな流し目お願いしま〜す
 
      ガシャ ガシャ ガシャ ガシャ ガシャ ガシャ
 
 
20160109dsc01854
 
 
時間にして5分ほどで、撮影会は終了
 
 あたしも若かりし頃は、モデル撮影会などに
   参加したことがありますが、あれと同じ感じです。
            マジで撮影会っす。
 
  20160109dsc01867
 
 
    はいはい、時間で〜す。終わりで〜す
 
 
20160109dsc01910
 
室内で家族団らん中
 
 
 東山動物園のゴリラは現在5頭
 
  シャバーニ(♂)19才  オランダ生まれ
     (上野動物園で飼育されているハオコは兄)
  ネネ(♀) 43才(推定)   
  アイ(♀) 12才   父:リッキー、母:ネネ
  キヨマサ(♂)3才  父:シャバーニ、母:ネネ
  アニー(♀) 2才  父:シャバーニ、母:アイ
 
    シャバーニは、もうおばぁちゃんのネネと、その娘アイと
    相次いでやっちゃいました・・・と、いうことですね。
 
 
20160109dsc02015_2  
 
20160109dsc01941
 
キヨマサを見守るシャバーニ
 

2010年3月15日 (月)

幸浜、中国へ

そうそう、和歌山県白浜の「アドベンチャーワールド」のパンダ
「幸浜(コウヒン)」が昨日中国に旅立ちましたね。

四川省の「成都ジャイアントパンダ繁育研究基地」へ。

asahi.comのニュース画像みると

檻に掴まって不安そう。

アドベンチャーワールドからは4頭目。

なんかアトランタでパンダ見てから
パンダへの親近感が大きくなり
こんな記事も気になったりします。

テネシー水族館(Tennessee Aquarium)

テネシー水族館(Tennessee Aquarium)
 

ここは良かったです・・・とっても。


テネシー水族館はテネシー川河畔にあります。

                とてもユニークな建物。

水族館は、

  淡水魚の水族館「River Journey」と
       海の水族館「Ocean Journey」
          という2つに分かれていて、

このうち「River Journey」は

 淡水魚を扱う水族館としては世界最大級なのだそうです。

 

Dsc09122

【写真】 テネシー水族館

 

チケットセンターはその二つの建物とは
         また別の建物の中にあります。
 

IMAXシアターも併設されており、

それと合わせたチケット、水族館だけのチケット、
   さらには、チャタヌガの他のアトラクションとの
              セットチケットなどが売ってます。
 

今回はIMAXシアターはパスしました。

 

さて、「River Journey」
 
      旅は最上階から始まります。
 

この水族館の特徴は

 地上から水面へ、そしてさらにその下へ、

    またさらには、上流から下流へ

 というような、上から下への流れを

  水族館の上の階から、下の階へという
   高さの違いを利用して見せているところにあります。
  

最上階は地上。

 アパラチアの森。

 

Dsc09056

【写真】 「River Journey」の最上階。


 川の自然は、地上の自然と密接に関連している・・・
  そんなことが伝わる展示方法。

 公害の町から、豊かな環境を取り戻した
 チャタヌガならではの、展示の工夫でしょう。

 

Dsc09069

【写真】 水面から・・・下へ。

 

斜めに下ってい通路を歩きながら、
アパラチア山脈の森を流れるテネシー川の源流から、
オハイオ川、、さらにミシシッピ川に合流する中流
ミシシッピデルタからメキシコ湾に至るまで
        生態系の移り変わりを見ていきます。

 

Dsc09063

【写真】 館内の様子。
    両側に水槽があり、
        中央の通路を徐々に下っていきます。

 

Dsc09081

【写真】 上流から中流へ

 

Dsc09088

【写真】 下流へ

 

メインのこの展示とは別に、
世界の特徴ある淡水の生態系を紹介しているコーナーも
ありました。

アマゾンとか中国のどこやらとか

 

Dsc09096

【写真】 Tropical Asian Rivers

 

Dsc09094

【写真】 Amazon Rivers

 

Dsc09099

【写真】 Nishikigoi

 

日本の展示はなぜか「ニシキゴイ」でした。

うーん、この水族館の展示に適切なのかどうか・・・(^^;

 そんなお茶目な面もある「River Journey」

 

Dsc09105
【写真】 川の中の様子
       ロープ、タイヤ、釣り針 etc.・・・


実は、この水族館とほぼ同じコンセプトで展示をしている
水族館が日本にもあるのだそうです。

 それは、「アクア・トトぎふ(AQUA TOTTO GIFU)」
 正式名称「岐阜県世界淡水魚園水族館」

 テネシー水族館とは友好館とのこと。

 もちろん、この水族館が題材としているのは「長良川」。

 

「Ocean Journey」も基本構成は同じで、

  上から下へと見学するようになっています。

 

 最上階は鳥の楽園。

     そして蝶の楽園。

   子供たちは もうここで おおはしゃぎ。

 

Tomatta

【写真】 止まったよ。

 

そして建物の中へ

  大きな水槽を上から下へと見ていきます。

 

Dsc09009

【写真】 なぜか最初はペンギン

 

もともとは、淡水水族館だけしか無かったそうなのですが

 5年くらい前なのかな? 
   こちらの海の水族館も建てられたとのこと。 

  淡水魚だけではやはり集客力に限界があると
               いうことだったのでしょうか。

 

Dsc09015


Dsc09032
【写真】  やはり海の魚のほうが
  ダイナミックで見ごたえがあるのは間違いない。

2010年2月 9日 (火)

ジョージア水族館@アトランタ

ジョージア水族館(Georgia Aquarium)は、

  アトランタのダウンタウン、
    ワールド・オブ・コカコーラのすぐそばにあります。

建物の形がなかなかユニークです。

 

Aqoo

【写真】 ジョージア水族館外観

 

この水族館、市や州の予算で建てたのではなくて

ホーム・デポという
 住宅リフォーム・建設資材・サービスの小売チェーンの
      創業者の方の寄贈によって建てられたそうです。

  運営もその財団によってなされているのだとか。

 

  Aq03

 【写真】 内部のデザインもなかなか良いセンス。

 

オープンは2005年11月21日。

       だから比較的新しい。

 

入場料は大人$26ですが、
    私が入ったときは、なぜか$13でした。

            時間が遅かったからかな?

 

Aq06

【写真】 フロアの様子
    もちろん食事をするところもあって
             1日ゆっくり楽しめます。

 

Aq05

【写真】 通路のデザインも
   それぞれのコーナーのコンセプトに合わせた
       なかなか凝ったものになってます。

 
 

日本では最近水族館が人気だと聞きます。

  都内にも意外なところに水族館があったりするのだとか。

 

 家族連れにも「適」、デートにも「適」、

  怪しい青い光は男女の密会にも「適」というところでしょうか。

 

   もちろん一人で水槽を眺めて癒されるというのも有り。

 

Aq02_2
 【写真】 水族館のちょっと暗めの
             青い光というのは
               いいムードになりますよね。

 

ジョージアもそうなんですけど、

  最近の水族館は
   水槽のデカさ、水槽窓の大きさを
               競う傾向も見えますね。

ジョージア水族館の
   810万ガロンのタンク
       というのは世界最大なのだそうです。

 

 日本でも沖縄美ら海や名古屋港など、
     それを売りにしている水族館があります。

 

 アクリル窓の大きさでいうと、

  美ら海のほうが、ジョージアよりもちょっと大きいみたい。

 

Aq01

【写真】大水槽の大窓
     座り込んでのんびり眺める姿は何処も同じ。
           水槽の主役はこのジンベイザメ。

 
 

 美ら海は見たことがありませんが

     名古屋港のは高さが低くて横に長く
        それはそれでいい感じでありました。
 

名古屋港の巨大水槽は、
 基本的にはイルカやシャチのような大型哺乳類用のプールで、
  いろんな種類の魚が一杯泳いでいるジョージアの水槽とは
              かなりコンセプトが違います。

 

Aq_tonnel

【写真】 巨大水槽は大型窓からだけではなく、
                      トンネルからも・・・

 

Aq08

【写真】 ここも天井部分が水槽
     スペースにゆとりがあるので
     ちょっとした記念写真コーナーになってました。

 
 

Aq04

【写真】 まるでスクリーンセーバーみたいな美しさ(笑)

 

Aq_sawari01

【写真】 魚に触れるコーナー・・・
          なかなかの人気。

 

Aq_sawari02
【写真】 こちらも触れるコーナー
               イソギンチャクが大人気。

 
 

Aq_iso

【写真】 水槽の中はまるで宝石箱。

 

子供も、大人も
  白人も、黒人も
   アメリカ人も、アジア人も
    カップルも、家族連れも

     だれでも楽しめる水族館。

 

とりあえず、「はずれ」ではないと思いますので、


  アトランタに来て時間のあるときには
           寄ってみることお勧めです。

 

見学1時間は、
  しっかり見るには不足かもしれませんが
  展示を一通り見ることは可能です。

  もちろん4Dシアターなどに入る時間はないですけど。

 

Miyage

【写真】 フィニッシュはグッズ売り場

2010年2月 3日 (水)

アトランタ動物園

動物園に出掛けたのは何年ぶりでしょうかねぇ

 たぶん、20年ぶりくらいかなぁ・・・・

アトランタ動物園」はダウンタウンからも近い
グラントパークという公園の中にあります。

 

Koueniriguti

【写真】 グラントパーク入口

 

とにかく何でもでかいアメリカにおいて
        ここは比較的小さな動物園です。

  面積は約16 ヘクタール
 

小さいといっても
 上野動物園が約14ヘクタール、
 旭山動物園が約15ヘクタール
           ということですから、

  日本の典型的な動物園と同じ広さってことですね。

 

日本のWikipediaには記載がなかったので
 アメリカのWikipediaの記事を参考に沿革等をご紹介します。
 

この「アトランタ動物園」、
もともとは「グレス動物園」という名前でした。
 

破産して市内に取り残されてしまって移動動物園
       (見世物小屋みたいなものかしらね)を

地元のグレスさんという材木商の方が購入し、
      動物園にしたのが始まりなのだそうです。

今、同じ公園内にある「サイクロラマ」も彼が購入。
 

その後、発展もしたようですが

1984年には全米ランキング
    「ワースト10」に数えられるほどの
          劣悪な動物園となったようです。
 

さらに、
 動物が謎の死を遂げたり、
   サーカスに売り飛ばされたり

  職員の能力が無い、
    汚なくて、危険

        というようなことで、

一時は動物園としての認定も
   取り消されたりしたようなんですね。

 

Hyougara
【写真】 豹柄の少女、象を見るの図

 
 

その後、
ジョージア工科大学の
 メープル博士という方が中心となって、
  企業スポンサーを募ったりして、立て直しを推進。
 

名前も「Zoo Atlanta」に変えて、

今では年間100万人が訪れる、
  まずまずの?(^^; 動物園になったということです。
 
 

Ford

【写真】 スポンサー名を冠したコーナーも


 

この動物園の中のスター、

それはなんといっても

     「ジャイアントパンダ」 です。

 

 Ran_2

【写真】 ジャイアントパンダ (メイラン)

 

私が訪れた2010年1月31日時点では

        パンダ4頭が飼育されていました。
 

やっぱりアメリカでも、パンダはそこそこの人気なんですよ。

  ホームページには「Panda Cam」も

    動物園グッズも、ほとんどが「パンダ」関連でした。

 

Baiten

【写真】 売店にはパンダ・パンダ・パンダ・パンダ・パンダ

 

私もね、
 別にパンダが見たくて
    ここに来たわけじゃぁないんだけれども

 パンダが居なかったら来なかったかも・・・
                 というのはあります(笑)

 パンダが知名度と集客力アップに
     大きな効果があることは間違いありません。

 

Chuukahu

【写真】 パンダ舎への入り口  中華風です。

 
 

動物園の開園は9時半と
 入り口に書いてあったような気がしたのだけれど、
   9時過ぎにはゲートが開き、チケットを買って中に。

       入場料は $9.5 (+tax0.76) です。
 

入ったのはいいけど・・・動物は・・・居ません。
 

  時間が早いんで、まだ出てきてないんですよね。

      職員が順番に動物たちを屋外に出していく感じ。

   

 Iboino

【写真】 イボイノシシ
   これだけは朝一番だけ外に出ていて、
   その後は引っ込んだまま出てきませんでした。

 
 

  この日は特別に寒かったので
    今日は外に出さない動物も
      いるのかもなぁなんて気になる。

  いやぁ・・・ホントに居ないんですよ。

  もちろん屋内のガラスケースに入っている
         蛇やカメは見られるんだけどね。

 

Komodo

【写真】 コモドドラゴン  動きが遅いので写真には「適」 
    でも本気になると結構走るの早いのだ。
    珍獣ハンターイモトとの名勝負が有名。

 

その中にありまして、

  自らの役割をしっかりと認識し、

  お客様に入場料以上の満足を提供すべく

         気を吐いていたのが「パンダ」です。
 

   ちゃんと動いてるし、笹食ってるし。

   やっぱりスターはちゃうな! エライ!

                      と感心。

 

Tikazuku

【写真】こんなに近くまで寄ってきます。
    お食事は必ず観客の方を向いてしますし、
    屋内にいる場合は、ガラス側に近づいてきます。


 

アトランタ動物園の4頭のパンダ

 まず、中国からやってきた2頭。

 オスのヤンヤン(Yang Yang/洋洋)

 メスのルンルン(Lun Lun/倫倫)

 いずれも1997年生まれ。

 

Pand01_3

 【写真】 お食事中 (ヤンヤンかルンルンか・・・どっちだ)

 

この2頭の間に、アトランタ生まれの娘と息子がいます。

 2006年9月6日生まれの女の子 
      メイラン(Mei Lan/美蘭)

 2008年8月30日生まれの男の子
      シーラン(Xi Lan/喜蘭)

 

 アトランタ生まれの子には「ラン(蘭)」がつくのです。
 
 白浜(和歌山)生まれの子に「ヒン(浜)」が付くのと
 同じですね。

 

 でも残念なことに

  2月4日にメイランは中国に送られてしまうのだそうです。

                   え~っ、もうすぐやんか!

 

Pand03_3

【写真】 もうすぐお姉ちゃんがいなくなっちゃう(シーラン)
   でもそんなことはまだ知らん・・・

 
 

レンタルパンダの宿命。

 アメリカで生まれてもアメリカ国籍は取得できないのよね。

 

Sayonara_2
【写真】  メイランの思い出

 
 

 そんなわけで、

   実は私が訪れたタイミングが
     アトランタでこの4頭のパンダを見ることができる
               最後の週末だったのです。
     (全然シ知らなかったけど・・・奇遇やねぇ)

           土曜日はお別れ会が開かれたらしいです。

 

Pand02

【写真】 シーラン(左)とメイラン(右)
   2頭は屋内の同じ部屋に入れられていました。
   シーランはすぐにメイランにちょっかいを出してレスリング開始。
                  で、疲れるとすぐにお昼寝。

 

お昼近くになって

 入場者も増え、ライオンなども姿を現し

 動物園らしい賑わいになってきました。

 
Raion

【写真】 ライオン・・・かなり動き回り、吼えまくり
               彼もサービス精神旺盛?

 
久しぶりの動物園、

    3時間も居てしまいました。
 
 
たまにはいいものですねえ・・・・

  
  日本の動物園にも行きたくなってしまいました。
 
 

Mc
【写真】 ミーアキャット
   目線もらって、キャッチライト入れて・・・
                の余裕のポートレート。

2007年8月 1日 (水)

名古屋港水族館

 先週、名古屋に出かけたとき名古屋港水族館に寄ってきました。前から機会があったら寄りたいなぁと思ってはいたのですが、なかなか十分な時間がなく、今回がはじめての訪問でした。

 最近は水族館が人気で、巨大水槽を持つ水族館が増えています。その水槽の中を泳ぐ魚や、イルカなどをぼーっと眺めているだけでも「癒される」とよく言われますが、まさにそれを実感しました。泳ぐ姿ももちろんですが「視界の蒼さ」も癒し効果を倍増させているような気がします。
 
Dsc03491

 写真のイルカは仰向けに泳いでいます。寝ながら泳いでいるような感じで、こちらも眠くなってきますが、これ、イルカにとっては仰向けになっていた方が、水面方向への視界が広いらしいんですね。一応これから上がっていく水面のほうを見ているんでしょう。
 
 名古屋港水族館、和歌山県のくじらの博物館からレンタル移籍されているシャチの「クー」がメインの扱い。巨大水槽では、この「クー」と、その他のイルカのパフォーマンスが見られます。最近、シロイルカ(ベルーガ)の赤ちゃんが誕生。マジックミラー越しなので見難いですが、赤ちゃんとお母さんがくっついて泳いでいる姿が見られました。
 
 また、ここは日本で初めて屋内の人工産卵場で産まれたアカウミガメの人工孵化に成功した水族館なのだそうで、アカウミガメの子ガメが水槽の中で沢山泳いでいました。

Dsc03539

 入館料は2000円で安くは無いですが、一日、飽きずに過ごせそうです。7月21日(土)から9月1日(土)の夏休み期間は、休館日なしで、夜は8時まで開館。ロマンティックアクアリウムと称して、17:30から水槽の 照明をできる限り落とし、光と影のコントラストによりロマンティックな夜のイメージを演出しているとのことです。

Dsc03546

写真撮影は自由ですが、当然のことながらストロボは厳禁。手振れ防止しても被写体が動いてしまうので、デジカメなら高感度ノイズが少ない機種が絶対的に有利ですね。α100には、ちょっと辛いジャンルでした。

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Link

フォト
無料ブログはココログ