最近のトラックバック

2014年9月 2日 (火)

Mazda CX-5

 今、マツダのCX-5(クリーンディーゼル)という車に乗っています。乗り始めてもう1年と2ヶ月くらいになります。

 
201311024q1a5449
CX-5
 
 まだ十分の乗れたエクストレイルをアメリカ赴任の前に手放し、新車で買ったジープ パトリオットを3年経たずに手放し、帰国してまた車を購入・・・という、ただでさえ不経済な状況のところ、よりによって結構お値段の張る車を買ってしまったんですな。
 
20100919dsc00515
アメリカでの相棒 Jeep Patriot
 
 本当はスバルのフォレスターがいいなと思っていたんですよ。てかさ、家族大勢で移動するわけでも無いので、実際にはジムニーでもいいんです。ね、動けばいいの。
 
 ちょっと懇意にしている車屋さんがあって、そこで買うのがなんだか慣習になっちゃってるんです、で、その店、何年か前にスズキのディーラーと喧嘩して、スバルともなんんかあってウチではもう取り扱わないって・・・わがままなことを言うんです(T_T)
 
 別にそこで買わなくてもいいんだけど、なんとなくまたお付き合いってことで・・・
 
 そんな経緯はあったんですけど、弱小?メーカーながら、マツダ頑張ってるなってのもあったし、アベノミクス頑張れニッポンってさ、ちょうどその時期盛り上がってたじゃないですか・・・そんなわけで買ったの。
 
一度赤い色の車に乗ってみたくて・・・赤にしました。 年取ると、そういう色がよくなるんですよ。 少しでも元気が出るような気がするじゃないですか。 出ませんけどね。
 
 マツダの車って、実用車っていうより、スポーツタイプっいうか、ちょっと格好いい車っていうイメージを持っていました。もちろんファミリアとかもあったんですが、RX7とかロードスターのイメージが強かったのでしょうね。
 
 あたしはあまりスポーツカーとかっていう感じの人じゃ無くて、無骨な車のほうが好きだったから、縁がなかったんですね。これまで乗ってきたのが、スズキ ジムニー1000、イズズ ビッグホーン、スズキ エスクード、ニッサン エクストレイル、ジープ パトリオット・・・ですから(^^;  どれも同じじゃん。
 
 アメリカで自分の車を買うまで2ヶ月くらいMazda3という車に乗っていたんです。Mazda3というのは日本で言うアクセラこれがまた気持ちよく走ったんです。とくにカーブというか、交差点、これがまた気持ちよく曲がれるんですよ。
 
20100705dsc00264_2
当時乗っていたMazda3
 
 たとえば、優先道路から小道に入るとき。日本ではあまりないんですけど、小道と言っても道幅は広く交差点の見通しもいいんで、大通りから結構なスピードでクイっと曲がって入れるんです。そっからまたキュイーンって加速する。それがものすごく気持ちが良かった。日本ではずっと鈍重な4WDばかり乗っていたんで、よけいにそう感じたのかもしれません。
 
 一度同僚が後ろを走っていたことがあったんですが、後で「あれ気持ちがいいんでしょ、後ろから見ているだけで欲しくなった」と言われました。なので客観的に見ても気持ちが良い走りだったんだと思います。
 
結局、向こうではまた鈍重なJeepを買ってしまいましたが、その体験をしてから、いつかはマツダの車に乗ってみたいなぁという気持ちが強くなっていたんですね。
 
流石にCX-5はディーゼルでもあるし、4WDでもあって、Mazda3ほどの軽快さはありませんが、ディーゼルを感じさせないフィーリングではあります。そもそも私のディーゼルのイメージは黒煙吹き上げてたビッグホーンなんで、比較にならないかもですけど。
 
 ディーゼルといえば燃料代の安さです。ただですね、ガソリン代との差額ではたぶん元は取れないですね。車両価格は高いですし、SKYACTIV-Dオイルとか言ったかな。スカイエンジン専用オイルも高いんですよ。ビックリしました。ディーゼルが好きだからディーゼルを買うという選択をすべきですね。
 
 分かっていたことなんですけど、私には車幅がちょっと広すぎる感じです。CX-5は1840mm、エクストレイルやフォレスターは1800mm以下ですから、ちょい広め。アメリカで乗ってたパトリオットは1810mm。向こうで乗ってるときは、どちらかっていうと、ちっこい車だななんて思って乗ってたんですが、アメリカ暮らしのせいで車の大きさ感覚が狂ってたみたいです。
 
CX-5でアメリカのハイウェーをのんびりと走ってたらさぞかし気持ちがいいだろうなぁと思います。でもアメリカでは、軽油がガソリンより高いんです、残念!
 

2014年7月23日 (水)

富士スピードウェイ撮影メモ  ダンロップコーナー〜プリウスコーナー

富士スピードウェイの撮影ポイント紹介の続きです。
 
20140712dsc06756
出口側から見たアドバンコーナー
 
アドバンコーナー〜ダンロップコーナー間
 
 アドバンコーナーを出てダンロップコーナーまでは超高速コーナーとなっておりまして、マシンはかなりのスピードで駆け抜けます。
 
20140712dsc06758
 
 コーナー内側の土手に登ると、柵を避けて撮影することが可能です。さらに脚立でも用意すれば余裕でしょう。見通しも良いので流し撮りをするにはまずまずのポイントでだと思います。アドバンのヘアピンを抜けてくる車に長いレンズを向けてみても良いかもしれません。
 
20140712dsc07255
SONY α65 70-300mmF4.5-5.6G SSM(300mm)  f18 1/100sec
 
ダンロップコーナー
 
 ダンロップコーナーはまず最初に右15R、次に左30R、そして最後に右60Rというシケイン。ここはやはりフォトグラファーが結構集中する人気スポットのようです。
 
20140712dsc06944
 
20140712dsc06923
許可さえ貰えればこんな感じで撮れます。ピンクのゼッケンのPRESSはここまでですが、緑のゼッケンのPRESSはフェンスの内側、コースギリギリまで出られるようでした。
 
 ここもフェンスとマシンの位置関係が微妙。脚立持参の方が多かったです。ちなみに私は脚立無しでの撮影です。ここはまた、天気が良い日は富士山を背景に撮れる絶景ポイントでもあるそうです。
 
20140712dsc06988
二つ目の左30Rのコーナー。こういう写真は比較的簡単です。
SONY α65 70-300mmF4.5-5.6G SSM(300mm)  f18 1/100sec
 
プリウスコーナー
 
 ダンロップコーナーを抜けると、プリウスコーナー。撮影は最終コーナーであるパナソニックコーナーの内側の土手からになります。比較的高い位置からコースを見下ろすことになるので、柵が邪魔になりにくい撮影には有利な場所。プリウスコーナーを抜けて立ち上がるマシンをコーナー前から、そしてパナソニックコーナーに向かうマシンをサイドから流し撮りすることが出来ます。
 
20140712dsc09492
プリウスコーナー
SONY α65 70-300mmF4.5-5.6G SSM(300mm)  f18 1/100sec
 
20140712dsc09242
プリウスコーナー後
SONY α65 70-300mmF4.5-5.6G SSM(300mm)  f18 1/100sec
 

2014年7月18日 (金)

富士スピードウェイ撮影メモ  第一コーナー〜アドバンコーナー

富士スピードウェイのレーシングコースは、全長:4,563m ストレート長:1,475m コーナー数:16(左コーナー:6、右コーナー:10)。大きなサーキットなので撮影ポイントすべてに行けたわけではありませんが、私なりの印象を少し書きます。

レースも車の写真も素人なので、あまり参考にならないかも・・・ですが。
 
第一コーナー
 
 メインスタンドの前、1,475mのストレートは世界有数の長さなんだそうですね。 そこから、急減速して突っ込むのが第一コーナーです。高い位置にスタンドも設置されていて環境は大変よろしいのですが。コーナーを曲がっていく車を後ろから撮影することになるので、迫力はいまひとつ。コーナーを出て加速するマシンの流し撮りも試みましたが、急加速している車を捕らえるのは、なかなか難しいです。
 
20140712dsc06042
第一コーナー
SONY α65 70-300mmF4.5-5.6G SSM(300mm)  f18 1/100sec
 
コカコーラコーナー
 
 第一コーナーを出て、下りの直線。これを正面から狙うことができるんですが、いかんせん、セーフティーゾーンもあって、距離がかなりあります。大砲・テレコンが欲しいところです。あたしの300mm(APS-C)では力不足でした。
 
20140712dsc08479_2
第一コーナーからコカコーラコーナーへの直線
SONY α65 70-300mmF4.5-5.6G SSM(300mm)  f5.6 1/640sec
 
 フォーメーションラップやスタート直後など、マシンが密集している状態なら、短めのレンズでも迫力のある写真が撮れるかもしれません。次の機会には試してしてみるつもりです。
 
20140712dsc08975
コカコーラコーナー
SONY α65 70-300mmF4.5-5.6G SSM(300mm)  f18 1/80sec
 
 ここではコーナーに進入する車を橫から流し撮り、あるはコーナーを抜けていく車を後ろから・・・という構図で捕らえることも可能です。
 
20140712dsc08646_2
コカコーラコーナーを出て100Rへ
SONY α65 70-300mmF4.5-5.6G SSM(300mm)  f5.6 1/1000sec
 
アドバンコーナー
 
20140712dsc07577
アドバンコーナー
 
 コカコーラコーナーのあと100Rのゆるいカーブ。その後がアドバンコーナーと呼ばれる30Rのヘアピンです。カーブの外側に広い観戦スペースがあり、メインスタンドからはコース下のトンネルを抜けて容易にアクセスできます。レストランも直ぐ橫で便利。
 
20140712dsc07581
アドバンコーナー
SONY α65 70-300mmF4.5-5.6G SSM(200mm)  f5.6 1/1000sec
 
  写真も、コーナーに入る車を正面から、橫から、さらには後ろからと、様々な角度で捕らえることができます
 
20140712dsc09431
アドバンコーナー
SONY α65 70-300mmF4.5-5.6G SSM(300mm)  f5.6 1/1250sec
 
20140712dsc08115
アドバンコーナー出口を後ろから
SONY α65 70-300mmF4.5-5.6G SSM(300mm)  f6.3 1/1000sec
 
 観戦スペースとコースは二重の柵で遮られていますが、大口径の長玉を持っている方々は、積極的に前に出て、金網をぼかし切ってしまうという技を使っていました。私が持っている300mm,F5.6ではちょっと無理です。
 
  たぶん続きます。
 
注)写真はトリミングしてありますので、表示されたレンズで作例の大きさの画像が撮れるわけではありません。ご注意下さい。

2014年7月16日 (水)

SUPER FORMULA@富士スピードウェイ

 アメリカに住んでいたときに、NASCARレースを見に行ったんです。アメリカでは凄い人気のスポーツなのだそうで、どんなものだろうかと興味があって。

 
20110521p1100723_2
2011 NASCAR Sprint Cup Series Coca-Cola 600 
@Charlotte Motor Speedway USA
 
 NASCARってオーバルコースをぐるぐる回るレースで、車の走り自体はそれほど面白い訳では無い。それに席も一般的には指定席なので動きがとれず写真撮影には適さないんですね。それでも2回行ってしまいましたけど。
 
20110521p1100828
2011 NASCAR Sprint Cup Series Coca-Cola 600
@Charlotte Motor Speedway USA
 
 一方、日本のサーキットってほとんど行ったことがなかったんです。 中学生くらいだったか、鈴鹿サーキットに、当時流行っていたスーパーカーが走るってんで見に行ったくらい。
 
 ウチから富士スピードウェイって比較的近いんですよ。一時間かからないくらいなの。でも一度も行ったことが無い。劇場とかもそうなんだけど、面倒くさがりだから、日程調べたり、チケット入手したりするのが億劫なんですね。でもアメリカ暮らしの3年間でずいぶんとそういうのに慣れました。写真少年という時代が無かったので、ここにきてそれをやってる感じです。 日本だとかみさんを振り切って行かなくてはならないという障害は多少あるんだけど、近くだし、昼間だし、比較的行きやすいイベントではありますね。
 
20140712dsc06617
            SUPER FORMULA @Fuji Speedway
 
そんなわけで7月12日の土曜日に出かけて来ました富士スピードウェイ。 いわゆる決勝日は混むんで、予選日。 予選日のチケットは決勝の当日チケットや、予選&決勝の通しのチケットよりもちょっと安くて駐車券1500円を加えて5200円。丸一日遊べると考えれば高くないように思います。
 
20140712dsc09481                日本F3@Fuji Speedway
 
この週末のメインイベントは明日のSUPER FORMULA決勝でして、本日は予選日。予選日と言っても予選だけがあるわけでは無く、カテゴリーによっては決勝もあります。
 
 この日のFuji Speedwayは
 
  カート予選  GT Asia Rd.5 予選  
  SUPER FORMULA フリー走行
  F3第8戦予選  F3第9戦予選  
  GT Asia Rd.5 決勝  
  SUPER FORMULA 予選Q1〜3  
  F3 第8戦 決勝  N-ONE 予選
 
 私はGT Asia Rd.5 予選からF3 第8戦 決勝の途中までいました。
 
 混雑も無くどの場所もゆったりノンビリでした。雲が多く猛暑というほどのこともなく快適でした。
 
20140712dsc07575               レストランも空いていて快適
 
 とにかく初めてでしたので、どこが撮影に適しているかもわからず、あちこちブラブラ。撮影した場所は、第一コーナースタンド、コカコーラコーナー、アドバンコーナー、ダンロップコーナー、プリウスコーナー、メインスタンド・・と、一通り。だいたい様子は分かりました。次に行くことがあるかどうか分かりませんが(^^;
 これから数回に分けて、撮影ポイントのご紹介などを・・・と思ってます。

2010年3月 4日 (木)

車の借り換え

北米市場・・・自動車販売台数回復基調の中、

     トヨタ、2月も一人負けなのだそうですね。
 

Fordが月間販売台数トップ。
    先月に対し40%以上アップなんだとか。

    漁夫の利ってやつですか?
                たとえが違う?(^^;
 

トヨタよりFordのほうが具合がいいとは
            とても思えないですがね。

 

さて、長らく借りていたDODGE Avenger

 オイルチェンジマークが点灯したので

    車の借り換えをお願いしました。

 

でもって、月曜日、替わりに持ってきた車が

           Ford の FLEX という車。

 

P1060234

     Ford Flex 3.5L 全長 5.13m
 
 

 で・・・デカいというか・・・長い!!

   な・・・なんですか、この車は、

     いくらなんでも、デカすぎるでしょう

 

 スーパーに買い物にいく
      モチベーションも落ちるわ。

   

 普通こんな車を持ってくるかい!!


ということで、本日はレンタカー屋さんに直接行って

             普通の車に交換して来ました。

    

これでいいか?、と指差されたのが
              Chevrolet Malibu
 

洗車をし始めたのか、えらく待たされた後、

       びしょ濡れになった車がやってきました。

 

やれやれ普通の車に戻ったと思って、
           ほっとしたのも束の間、
 

帰る途中、お昼を食べにサンドイッチ屋の
  駐車場に車を止めてドアロックしようとすると・・・

      反応しない・・・あれ・・・反応しない。

               ったく、なんなんだ。

 キー差し込んで回さなきゃいけないじゃないの!!

 それだと他のドアはロックされないじゃないの!!

 広い駐車場で車を見失ったとき、
   ホーンを鳴らしたり、ヘッドライト点滅させたりして
                  探せないじゃないの(T_T)

                       最低だよ!!

 

で、さらに帰り道・・・
 

 タイヤのエアチェックマークが
          点灯しているのに気がつきました。
 

 赤いインジケーターがしっかり点灯。

                おいおい・・・・
 

ピグリーウィグリー(近くのスーパーマーケット)の
    ガソリンスタンドはエアーがタダだというので
      そこでタイヤのエアーをチェックしてみると
 

 適正 300kPaに対し、

   右前輪が 220kPa
   その他が 400kPa

  なんじゃそりゃ・・・・
 

   いったい何をどうやったらこうなるのか。

  洗車はいいから、
          タイヤのエアーくらい見ろよ・・・・
 
 

ちょっとタイヤも減り気味・・・は仕方ないか。

                          ふぅ・・・
 

S様、大変お手数をお掛けしました。

  ずいぶんと長いお昼休みになってしまいました o(_ _)o

Maribu

【写真】  Chevrolet Malibu 2.4L 2008年型

 

いやぁ・・今まで
   結構まともな車が来ていると思っていたんですが

   今思うと、かなり選ばれたものが来てたんですね。
 

こりゃ、Avengerを自分でオイル交換しに
               行ったほうが良かったのかも。

2010年2月26日 (金)

DODGE AVENGER そろそろお別れ

ここのところDODGEAvengerという車に乗っている
 ということを書いたかどうか忘れましたが、

 最近の週末は、この車で遠出しています。

 

Avenger

【写真】 DODGE Avenger

 

自分の体にあっているのか、非常に楽に運転できて
  1日、500~600マイル走っても、
     それほど疲れることがありません。

アメリカの車は信頼性が・・・
 と思われる方もいらっしゃるでしょうが
  いまのところ壊れずに動いてくれています。

 空調のFANからちょっと異音がする程度。

  でも、これはカローラもそうだったんで、
   アメリカで組んだ車はこんなもんだということで理解(笑)

ただですね、こちらのインターステイトハイウェイ
(いわゆる高速道路)では、
     路肩に放置されている車をやたらに見かけます。

  どのメーカーの車が多いかまでは
    チェックできてませんが、

          これをどうみるか・・・・(^^;

 

DODGEは最近日本でも販売開始しています。

 Avengerで検索したらこんなサイトを発見。

Jazz And Freedom And Avenger 

       思わず書き込みをしてしまいました。

でも、このAvenger、オイルチェンジ表示が出ちゃったんで
   もうすぐ借り換え予定です。
       はて、次はどんな車になるかしら。

 

Ch01

【写真】  チャールストン にて

 
 

そうそう、車の話題といえば、
    トヨタ社長の米下院公聴会、

  とりあえず無事乗り切ったとの報道です。

でも今、北米市場でトヨタは一人負けなのだそうで、

政治と、アメリカ自動車会社の巻き返しの
       ツールにされてしまっていることもあり
         まだまだ苦しい戦いは続きそうですね。

2010年2月 9日 (火)

大きなお世話のオートロック

いやぁ今朝は焦りました。

最近乗っているのが、DODGEのAvenger。

朝外に出てみると
  寒くてウインドーガラスが真っ白に固まってたんで
   しばらくアイドリングをして解かそうと思ったんです。
 

で、エンジンをかけて、一旦部屋に戻り

  一息ついて、さて運転しようと車に戻ったら・・・

 

 ドアロックされてます。

     ・・・・

     やられた・・・・

 
 

動き出すとドアロックが自動でされるのは承知していましたが

 まさかエンジン起動後、
  タイマーでオートロックされるとは・・・
 
             これはノーマークでした。
 

   さ・・流石はアメリカ製・・・

           やるなぁ、DODGE・・・

 

ロック・スミスに連絡してもらったら、
            30分くらいでおじさん到着。
 

 さぞかし華麗な錠前外しの
  テクニックを見せてくれるのかと思いきや
 

 ドアの隅っこを工具でグイッと持ち上げ

   そこの隙間に楔を差し込んで
       ガンガン打ち込んでいくという荒業。
 

    おいおい、レンタカーなんだけどな

            大丈夫かよ・・・・(^^;
 

 ドアはかなり歪んで確かに隙間が・・・

 そこに、針金を差し込んで
    内側からロックボタンをポチッと押す。

   

 これで$40・・・・う~む。

 
 

霜取りのために
 エンジンかけておくってことが出来ないってことよね。
 

 自分が中にいるか・・・ドア開けとくかしかない(^^;
 

 予備のキーがあればいいけれど
             レンタカーだからね。


アメリカの車・・・ナメチャいけません。
            とってもデンジャラス。
 

 アメリカ旅行でレンタカーなど借りられる際には
              十分気をつけて下さい。

 

Kurage

【写真】 ジョージア水族館

2010年2月 5日 (金)

最近のトヨタ

いやはや、アメリカの運輸長官も
  なかなかなことを言ってくれますよね。

 トヨタ自動車による大規模リコール問題に関連して、
 リコール対象車のオーナーは「運転をやめるべきだ」と発言。

いくらあとで発言を撤回したといっても影響は大きいわな

 
 

それにしても最近のトヨタ、ちょっとよろしくないですよね。

昨年スッタモンダしたフロアマットの件はさておくにしても

 RAV4やカローラのリコール

       ここへ来て、プリウスまで・・・

私、先々週のアトランタはカローラで行ったんですよ。

 昔は安い車の代表みたいな感じでしたけど
    今のカローラって立派な車ですよね・・・十分。

 知らない間にふっ~っと100マイル出ちゃうし。

    それでいて燃費はいいし。

     調子よかったなぁ・・・
       流石は日本車!
         なんて思ったりしてたんだけどな

   ホントはちょっと空調のファンから異音がしたけれど(^^;

 
 

アメリカでは、リコールのあった
  「RAV4」「カローラ」などの数車種が
      販売・生産、一時停止になっています。

     運輸長官の失言が無くたって相当深刻な事態。

 どうしたんですかねぇ・・・

  ノウハウ持っていた、
    影の実力者が定年退職しちゃったとか・・・(^^;

 

Atlantadt

【写真】 アトランタ ダウンタウン

2010年1月 7日 (木)

インターステート・ハイウェイ

アメリカでは大都市の中を除けば、移動手段は車、
あるいは飛行機になります」。

車で長距離移動することになると、
 インターステート・ハイウェイ(Interstate Highway)を
                   使うことになります。

    この正月はかなり使いました。

もちろんこれまでも、
 他人の運転で通ったことはありましたが
            自分で運転するのは始めて。

  インターステート・ハイウェイ デビューでございます(笑)

 

インターステート・ハイウェイというのは
  アメリカの主要都市同士を結んでいる、
     日本で言う、いわゆる高速道路です。

     料金は基本的に無料。

 

以前はそれぞれの州や民間で
独自に高速道路を作っていたようですが
1950年代に、国として整備を開始。

この整備計画はアイゼンハワー大統領が推進したとのことで
この道の正式名称は
「Dwight David Eisenhower(アイゼンハワー)
National System of Interstate and Defense Highways」
ということになっています。

 
この道路、
  路線番号のつけ方がかなり合理的でちょっと関心しました。

基本路線は1桁または2桁で、
東西を結ぶ路線には南から北の順で偶数が、
南北を結ぶ路線には西海岸から東海岸の順で奇数ナンバー。

さらに、
東西の路線でも大陸を横断する主要路線には下一桁が0が、
南北の中でも国土を縦貫している路線には下一桁が5の
路線番号が割り振られています。

私が良く使うのは

南北に走っているのに偶数No.の26号線
             (チャールストン-キングズポート)

南西から北東に走っている85号線
             (モンゴメリー-リッチモンド)

          だったりして、悩ましい部分もあります。

流石に京都みたいに完全な碁盤の目のように
              なっているわけではないのでね。

385号線というのも使います。

これは85号線から派生している支線のようなものなので、
                 下二桁が「85」になっています。

 
また、その道がどの方角に向かうのかは、
 路線番号の標識の下に
  東西南北が表記されているので確認が可能。

たとえば85号線の場合
  85の数字の下にEASTとかいう表示がされています。

だから乗り間違えたな・・・というのは分かります(^^;

 
いわゆる出入り口(日本でいうインターチェンジ)の
       番号の付け方もなかなか優れものです。

その番号は、南もしくは西から順に付けられており。
多くの州では州境もしくは起点からのマイル数が
そのまま番号となっています。

なので計画段階で何番で降りるということを調べておけば
   あと何マイルくらいでそこに着くかということが
                       わかるのです。

なかなか合理的(^^)/

 
一般道に下りてから、どちらの方面に行くのかで
          出口が違うってことが良くありますよね。

     逆側に出ちゃうと大回りになっちゃったりする。

その出口にもそれぞれa・b・c・dなどの番号が振ってあります。

これもあらかじめどの番号で降りるか調べておけば
                    スムースに降りられます。

「○○方面」という表示だと、
それが自分の向かう方面なのかどうなのか
地理が分かっていないと判断できないですよね。

地名でなくて記号で示されているというのは
  特に我々のように土地鑑の無い人間にとっては
        これ以上ない便利さだと思います。

 
この番号のお陰で、降りそこなうことはありませんが、
    逆方向に乗っちゃったりすることはあります(^^;

でも、料金は無料ですし
 日本と違って出入り口はかなり短い間隔であるので
                気軽に間違えられます(笑)

 
また、出入りは自由ということで
 ハイウェイ内に日本のようなサービスエリアの類は無く、

給油や休憩、食事は、ハイウェイを降りて、
  一般道にあるお店を利用するということになります。

看板なんかも参考になりますが、
   どんなお店が出口付近にあるのかを示す
             道路標識もでています。

それを見ながら

「あっ、次の出口にMACがあるから、
          軽く食事して休憩しよう」

という感じになります。

 

Dsc06437

【写真】ガソリンスタンド、コンビニ、Macが一体化。
    ガソリンスタンドがいわゆるコンビニを兼ねている
    というのが普通みたいです。
    このコンビにでは、カー用品(バルブとかの交換部品)も
    取り扱っていました。

 

Rest

【写真】 トイレのあるパーキングスペースが
     設備として用意されている路線もありますが
     こんな佇まい・・・寂しい。
     治安も悪そうなんで、日本のようにちょっと仮眠
     なんてのはおっかなそう。

DODGE AVENGER

その中の一台、DODGEのAVENGERを独占して使って、

あちこち出掛けてきました。

 

Dodege

【写真】 DODGE Avenger

 

長距離運転しても疲れないような気がして

空いているときは、なんとなくこれを選択しております。

 

DODGEはクライスラー傘下のブランドですが
最近日本でも販売され始めたみたいですね。

図体はかなりデカイのですが、
ラインナップの中で最も小さい2.4Lのエンジンのものなので、
あまり力は無く、坂道なんかでは結構うるさかったりします(^^;
 

でも意外と燃費は良くて、11~12km/L以上は走るみたいです。
うちの、X-trailよりもGood。

最近はアメリカの車でも流石にガソリン馬鹿食いでは
なくなったんですね・・・って当たり前か(^^;

まぁ、Go-STOPがあまり無かったという部分は
     差し引かないといけないかもしれないけれど。

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Link

フォト
無料ブログはココログ