最近のトラックバック

東海道

2009年11月17日 (火)

東海道 表富士&ギャラリー表富士

重岡さんの作品展の会場であるZappaは
旧東海道吉原宿の近くにあります。

旧吉原宿は、現在の吉原商店街あたり。

重岡さんの作品展を見た後、
その商店街を少し歩いてみました。
 
吉原は今は富士市ですが、かつては吉原市でした。
当時の中心地区がこの辺りだったのでしょうから、
きっとそこそこ賑わっていたのでしょう。

でも今は、地方都市にありがちな、いわゆるシャッター商店街。

富士宮の商店街に比べて、もともとが立派な作りだけに
哀れさが際だちます(^^;

しかし、なんとか盛り上げようという動きも
そこここに・・・

富士市立吉原商業高校・商業ビジネス部と
NPOの協働で運営する吉商本舗なんかもその一つ。
 残念ながら、この日は空いておらず
  覗くことはできませんでした。

最近ではB級グルメブームに便乗し、
つけナポリタンなるものを売り出し中。
 
やや無理矢理な感じがしないでもありませんが
結構本気でPRしているようで、
ラッピングカーも走っています。

もともと所有していたバンに
ラッピングしただけみたいです。
 
20091115p1020900
 
【写真】Panasonic LX-3
    蛍光灯取り替え中だったみたい。
 
  
で、ぶらぶらしていたら、こんなお店を発見

富士山専門ギフトショップ「東海道 表富士&ギャラリー表富士

20091115p1020898
 
 
中に入ってみると、
狭い店内に
浮世絵デザインの手ぬぐい、扇などをはじめとして
刺繍、七宝、焼き物など
富士山をモチーフにしたお土産が沢山並んでいました。
 
 
富士山関連商品専門のギフトショップということで、
お土産・お中元・お歳暮・引き出物
七五三・成人式・入学祝いなど、
様々な贈答品として
日本中の富士山関連商品の販売を
手掛けているとのことでした。

最初に書いたように
入り口が狭くて、中がどうなってるかわかり辛く
ちょっと入り難いところもあるのですが
中に入れば、気楽に商品を眺めることが出来ます。

店主の西川さんは、優しそうな感じの方です。
 
で、いろいろとお話を伺ってきました。
          (何も買いもしないで)

・富士山麓の富士・富士宮に富士山関連商品を扱うお店がない。
  確かにそうだねぇ〜
  風景としての紹介はありますけどねぇ
  本物があるんだから、
  お土産は富士山じゃなくていいんじゃないの
  という感覚なのかも。

・富士山から遠く離れたところ、例えば京都などで
 富士山をモチーフにしたお土産の類が
 作られたり、売られてたりしている
 これは、地元の我々が本来やるべきことなのでは?
 需要があるのだから、もっと活発にやってこの地域を
 盛り上げたい。
  このお店に並んでいるもののほとんどは
  地元で作られたものではないのです。
  富士山が見えない地域で作られたものも多い。
  
  確かに成田なんかに行った方が、
  富士山関連のお土産の種類が多かったりしますもんね。
  地元に富士山関連グッズのお店が
  もっとあっていいというのは確かかもしれません。

・山梨の方が、まだ富士山関連商品が多い。
  確かにそう・・・
  富士山という名前がついたお菓子だって
  山梨のほうが多いと思います。
  お菓子以外にも、手作り富士山グッズみたいなのは
  多いですよね。
  もともと観光がメインの土地柄というのもあるのでしょう。


富士山・村山古道の話とか
 鉄道ネタでも富士市をもっと盛り上げられるんじゃないか
   という話なんかもしてきました。

 吉原の新道町公園に0系新幹線が保存されているんですってね。
 知らなかったよ。
 今度見てきます!
 
 
で、今回は何も買ってきませんでしたが(申しわけない)、
富士山関連ギフトを買うときには
ぜひ利用したいと思います。
 
興味のある方は是非覗いてみて下さい。

20091115p1020890

【写真】東海道 表富士&ギャラリー表富士 店内
     店主の西川さん 

2009年3月 4日 (水)

有松

先日の名古屋行きの帰りに「有松絞り」で有名な
有松」に寄ってみました。

「有松」には旧東海道の面影を色濃く残す町並があり、

ぶらり歩きが楽しい街でもあります。

20090228dsc01003

【写真】有松にて 2009.2.28
  α700 Vario Sonnar T*DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA

  LX3をα700に持ち替えて・・・
           しばらく撮って気がつきました。

  クリエイティブスタイルが「Light」だったことに・・・(^^;
  ISO感度が100固定だったことに・・・・(^^;

  ううむ・・・どおりでシャッター速度が遅いと思った(爆)

  久しぶりに一眼使えばこのていたらく。
 
 
 
さて、この手の町並の中には必ずあるクリエーターズショップ。

有松も例外ではありません。

クリエーターズこらぼ」という

ショップに立ち寄り、
小さな土人形を買いました。
1200円。

役に立たないものですが・・・
 邪魔にもならないものです。

こんなものを、ちょこちょこと買うことが多いです。


20090228dsc01009
 
【写真】有松にて 2009.2.28
  α700 Vario Sonnar T*DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA
 
 
20090304dsc01058この手の小さな
手作りアートを作っている
作家さんたちが
沢山いるのだと
思いますが

見ているだけでは、
彼らの生活は
成り立たたないわけで、

やっぱり買ってあげないと・・・
    という思いがあるのです。
 
 
ささやかですが、
ちょっと気に入ったものは
買ってあげようと。

20090228dsc01020これが、ショップ覗きを
楽しませて貰っている
せめてもの恩返しです。

 
もちろん伝統の「絞り」の
お店もいくつかあって、
買いたいなというブツも
いくつかありましたが
今回はパス。

2009年2月15日 (日)

東海道・倉沢「望嶽亭 藤屋」

久々にBD-1。

東海道は由比近辺をうろうろしてきました。

20090215p1000497

【写真】LUMIX LX3  由比本陣近くの旧郵便局前
 
 
自宅から、こぎ出す根性はもちろん無く、

由比本陣近くの駐車場まで車です(笑)

本陣周辺から、寺尾、倉沢地区までを往復。


さった峠まで登ろうかとも思ったのですが

ウイリーしてしまって前進できず、

すぐにあきらめました(笑)


こういう場合は、
  体重を前に掛ければ、登れるんですかねぇ・・・
       下りるのもおっかなそうだったけど・・・

興津からさった峠を越えて由比に至る道は、

東海道の中でも人気のあるハイキングコースで、

今日もかなりの人出でした。


昨日は1500人くらい来たんだそうです。

               ホントかよ。


とくにさった峠の東側、倉沢・寺尾地区には

古い町並みが残っていて、とても良い雰囲気なんです。


20090215p1000531

【写真】LUMIX LX3  倉沢地区の町並


20090215p1000535さて、今日の収穫は

倉沢地区の端っこ、

さった峠の上り口にある

「望嶽亭 藤屋」です。


ここには

江戸城の無血開城の

交渉に来た幕臣、

山岡鉄舟が官軍に追われ、

逃げ込んだという逸話

伝わっています。


Bougaku


その逸話を今に伝えるのは、

松永家23代当主、故松永宝蔵氏の夫人である

松永さだよさん。


80歳なのだそうですが、

お金も払わないただの通りすがりのおっさんを、

にこやかに招き入れ、いろいろ話を聞かせてくれるのです。

鉄舟の逸話も、昨日のことにように・・・


20090215p1000553

【写真】 LUMIX LX3 隠し階段の説明をしてくれる松永さだよさん。
 
 
 
当時はあのあたりに、うちの船付き場があってね、

 この床下の階段を下りて、そこから船に乗って逃げたんだ。


上の写真にある階段、

  これ、最初から見えている訳じゃなくて

  いちいち、私たちの前で床板を持ち上げて、

          開けて見せてくれるんですよ。

 
彼をかくまったといわれる土蔵の中には

彼が残したフランス製の拳銃も展示されています。

20090215p1000558

【写真】 LUMIX LX3 鉄舟が残した拳銃
  

 
他にも、幕府から手形の代わりに貰った役に立たない箱だとか

幕末の臭いがする品物がいくつかありました。


「篤姫の時代のものだよ〜」

なんてて、ちゃんと今の時代に合わせた説明も・・・

まだ現役で平成時代の時を刻んでいる時計は

   なんと140年くらい前のものなんだそうで・・・


時は幕末・・・

 当時としては相当近代的な御屋敷だったのでしょう。

  それに金持ち・・・。

20090215p1000547

【写真】 LUMIX LX3 望嶽亭入り口から室内の様子

 
 
いろいろ話を伺っていると、きりがない・・・(^^;


 今回は私の勉強不足もあって、
 (って、事前の知識は何も無し)

 聞ききれないことも多かったので、

 ちょいと勉強し直して

 また訪れたいなぁ・・・と思ってます。
 
 
 
20090215p1000509BD-1でふらふらと走り、

よろよろと

立ち止まったりしていると

地元の方が

声をかけてくれます。

「どこから来たの?」
     ってね。

「富士宮から」

って富士宮から

自転車で来たような

顔をして答えます(爆)


お昼は、由比漁港で搔揚げ丼を食いました。

650円也。

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Link

フォト
無料ブログはココログ