最近のトラックバック

« SONY α7R4を買ってしまいました。 | トップページ | 10万冊の蔵書があるホテル「親湯」 »

2019年10月 8日 (火)

懺悔のリスト

SONY α7R4を購入した話を前の記事に書きました。

これは間違いなく私が購入したカメラの中で最高額のカメラです。

自分はこれまでどんなカメラを買って使ってきたのだろうと、ふと思い、

これまで実戦投入用として入手(貰い物含む)したカメラのリストを作ってみました。
  

Camera

 
「自分は撮影が趣味で、断じてカメラマニアじゃないぜ」
と豪語しておりましたが、これを見ると完全にカメラマニアっすね。

1982年、最初のカメラはミノルタ。

数年後にキヤノンに乗り換え。このとき購入したT90は、かなり長期にわたって使いました。

MFからAFに切り替えた2000年前後(遅っ)が最初のやばい時期(笑)

ただこの時は、ほとんどが中古だったので費用は今ほどかかりませんでした。

2006年に、SONY α100デジタルに移行。

ブランドはSONYなんだけど、自分としてはミノルタに帰った感じ。

その後、2008年まで毎年一眼レフ買ってますね。

全然知りませんでした(爆)

まさに懺悔のリスト

その後、在米時代の2012年に新機種に入れ替え。

それがEOS5Dm3SONY α65

B&H(アメリカのヨドバシカメラみたいなとこ)の通販で購入したんだけど、当時は円高だったこともあって割安感あったんですよね。

そのあとFUJIのカメラをちょいちょい買って、

そんでもって今回、EOSと決別。

主力機を7年ぶりに入れ替えたと考えれば、タイミングとしてはノーマルかな。


メーカーでいうと、2大カメラメーカーのひとつであるNikonが少なく、OLYMPUSが無い。

もっとも、大判のレンズはニッコールでしたし、プラウベル・マキナのレンズもニッコールだったので、ニコン製のレンズは結構使ってはいました。OLYMPUSはOM-4がスポット測光が搭載された憧れのカメラだったんですけれど、Canonからそれが搭載されたT-90が出てしまい、そっちに行ってしまった。もしCanonがスポット測光搭載カメラを出さなかったらOLYMPUSに行ってたかもしれません。

ついでに主力機材の変遷も。
 

Main

 
複数のシステムを並列に使っているのがよくない
ですよね。結局どれも単独でも撮影できるくらいのシステムを作っちゃうんで、費用が2倍かかってしまう。

« SONY α7R4を買ってしまいました。 | トップページ | 10万冊の蔵書があるホテル「親湯」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SONY α7R4を買ってしまいました。 | トップページ | 10万冊の蔵書があるホテル「親湯」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Link

フォト
無料ブログはココログ