最近のトラックバック

« 2019年8月 | トップページ

2019年10月

2019年10月 8日 (火)

10万冊の蔵書があるホテル「親湯」

大正15年創業の蓼科の老舗ホテル「親湯」。

Dscf1250

 
ロビーや廊下に据え付けられた書庫に並ぶ数万冊とも言われる書物が名物で、一度は泊まってみたいとずっと思っていました。
 

Dscf1248

 
もともとはおそらく文学書がメインだったのでしょうが、今はジャンルは多彩。突然惹きつけられる本に出会えたりしそうな予感・・・
 

Img_20190908_173744
 

Dscf1258

 
とは言え時間に限りがあるので、ついつい普通のチョイスをしてしまいます(笑)
  

Img_20190909_075706

 

親湯に泊まった翌日に、奥蓼科方面へ。

「湯みち街道」とも呼ばれる奥蓼科へと向かう県道191号沿いには、何体もの石の観音様が立っています。これほど沢山の石仏があることを、恥ずかしながら今まで知りませんでした。
 

Dscf1342

 

Dscf1339
 
一生懸命、工夫しながら石仏写真を撮られているおば・・・じゃなくて石仏女子の方がいらっしゃいました。「66体あるんですよ!!」っておっしゃってましたが、まさか全部撮るわけじゃぁ・・・・。

私は御射鹿池周辺で数体撮影。

Photo_20191008215401
東山魁夷戦線へのオマージュ

 

懺悔のリスト

SONY α7R4を購入した話を前の記事に書きました。

これは間違いなく私が購入したカメラの中で最高額のカメラです。

自分はこれまでどんなカメラを買って使ってきたのだろうと、ふと思い、

これまで実戦投入用として入手(貰い物含む)したカメラのリストを作ってみました。
  

Camera

 
「自分は撮影が趣味で、断じてカメラマニアじゃないぜ」
と豪語しておりましたが、これを見ると完全にカメラマニアっすね。

1982年、最初のカメラはミノルタ。

数年後にキヤノンに乗り換え。このとき購入したT90は、かなり長期にわたって使いました。

MFからAFに切り替えた2000年前後(遅っ)が最初のやばい時期(笑)

ただこの時は、ほとんどが中古だったので費用は今ほどかかりませんでした。

2006年に、SONY α100デジタルに移行。

ブランドはSONYなんだけど、自分としてはミノルタに帰った感じ。

その後、2008年まで毎年一眼レフ買ってますね。

全然知りませんでした(爆)

まさに懺悔のリスト

その後、在米時代の2012年に新機種に入れ替え。

それがEOS5Dm3SONY α65

B&H(アメリカのヨドバシカメラみたいなとこ)の通販で購入したんだけど、当時は円高だったこともあって割安感あったんですよね。

そのあとFUJIのカメラをちょいちょい買って、

そんでもって今回、EOSと決別。

主力機を7年ぶりに入れ替えたと考えれば、タイミングとしてはノーマルかな。


メーカーでいうと、2大カメラメーカーのひとつであるNikonが少なく、OLYMPUSが無い。

もっとも、大判のレンズはニッコールでしたし、プラウベル・マキナのレンズもニッコールだったので、ニコン製のレンズは結構使ってはいました。OLYMPUSはOM-4がスポット測光が搭載された憧れのカメラだったんですけれど、Canonからそれが搭載されたT-90が出てしまい、そっちに行ってしまった。もしCanonがスポット測光搭載カメラを出さなかったらOLYMPUSに行ってたかもしれません。

ついでに主力機材の変遷も。
 

Main

 
複数のシステムを並列に使っているのがよくない
ですよね。結局どれも単独でも撮影できるくらいのシステムを作っちゃうんで、費用が2倍かかってしまう。

2019年10月 7日 (月)

SONY α7R4を買ってしまいました。

増税に焦ったという訳では無いのですが、新たにカメラを購入しました。

SONY α7R4・・・6100万画素

 現時点での35mmフルサイズ画素番長機です。

そんなに画素が必要な訳ではなく、私の使い方からするとバランスとしてはα7R3がほぼベストなのですが、FUJIのXシリーズと併用するため、出来るだけスペックを差別化したかったので、このような次第となりました。チョロチョロ撮るのはXシリーズに任せ、α7R4 はしっかり撮るとき用ってのがいいいかなと。

これまでの主力機はCanon EOS5Dm3でしたので、EFレンズはそれなりにあります。
EOSレンズが装着できる「シグマMC-11」を購入しました。

常用していたEFマウントレンズ

 標準ズーム: Canon EF 24-105mm F 4L IS II USM
 望遠ズーム:Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM
 超望遠ズーム:TamronSP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2
 望遠マクロ:Tamron SP AF180mm F3.5 Di MACRO
 中望遠マクロ : Tamron SP AF90mm F2.8 MACRO(72E)

は、流用。
 

Dsc00071
EF 24-105mm F 4L IS II USM


 広角ズームEF 16-35/2.8 L USMは流石に古いのでお役御免として、これだけはFE 16-35mm F2.8 GMに置き換えました。


私は、α(Aマウント)ユーザーでもあったので、このマウントのレンズも結構あるのです。
おそらくこれからも使うであろう、フルサイズ対応レンズは以下の4本。

 SONY 50mm F1.4 SAL50F14
 minolta 50mm F3.5 Macro
 minolta af 85mm f1.4G(D)
 SONY 70-300mm F4.5 -5.6 G SSM
 

Dsc00062
minolta af 85mm f1.4G(D)


特に4つ目の望遠ズームは当面主力レンズとして常時
カメラバックINの予定。

マウントアダプターは「LA-EA3」 を購入。

「LA-EA4」を購入すれば上の3本もAFが動くのですが、SSMレンズは「LA-EA3」の方がパフォーマンスを発揮できるのです。
 

Dsc00725
SONY 70-300mm F4.5 -5.6 G SSM
 

« 2019年8月 | トップページ

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Link

フォト
無料ブログはココログ