最近のトラックバック

« 出雲神社巡り③ 冥界への入り口「黄泉比良坂」と揖夜神社 | トップページ | 天空の城「竹田城」訪問記 »

2019年8月12日 (月)

出雲神社巡り④ 玉造温泉と玉作湯神社

松江では玉造温泉の「長生閣」さんに2泊しました。
  

Img_20190728_203332
 
Img_20190728_203548

夏のシーズン中、こんなイベントが行われています。
もちろん安来節どじょうすくい踊りも・・・
    

  

安来節 どじょうすくい踊り @長生閣

  
玉造温泉は松江の市街地からおよそ15分。

開湯は奈良時代といわれ、「出雲国風土記」にも登場する有名な温泉で、私も名前だけは知っていました。

一度湯に入ると容姿が端正になり、再び入れば万病が治る」とされています。

玉造の名前の由来は、近くでメノウが採掘でき、ここで勾玉が造られていたことによるそうで、三種の神器の一つ、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)も櫛明玉命(くしあかるだまのみこと)によってこの地で造られたとのこと。

 

Dsc01773

 

玉湯川沿いに、温泉旅館と土産店・飲食店が集まり温泉街が形成されています。古い旅館の中には閉めてしまったところもあるようですが、「廃墟」が目立つというほどではなく、温泉街は健全に保たれているように感じました。「星野リゾート 界 出雲」もこの温泉街にあります。出雲観光の拠点として地の利はとても良いです。日帰り温浴複合施設「玉造温泉ゆ〜ゆ」もありました。

朝、食事の前に少し散歩してみました。大きな温泉街ではないので、さほど時間はかかりません。

あちこちに籔内佐斗司さん制作による神話のモニュメントが置かれており、それらを探しながら歩くのが楽しいです。

  
Dsc01730

ヤマタノオロチ vs スサノオノミコト
 
Dsc01740
 
大国主神 with 因幡の素兎
 
Dsc01725
 
謎の芸術作品も・・・何?
 
 

温泉街の外れには櫛明玉命を祀る玉作湯神社があります。
  

Photo_20190812211901
 
 
ここは島根の三大縁結び神社の一つとされ。境内にある願い石を叶い石で撫でると、願いが叶うと言われています。どこにでもありがちな話だと思うのですが、結構な人気のようで、訪れた皆さん「叶い石」をお買い求めになるのでつられて買っちゃいました。
 
 
Img_20190730_091256
 
人気の玉作湯神社
4q1a9706

これが「願い石」です。
 

« 出雲神社巡り③ 冥界への入り口「黄泉比良坂」と揖夜神社 | トップページ | 天空の城「竹田城」訪問記 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 出雲神社巡り③ 冥界への入り口「黄泉比良坂」と揖夜神社 | トップページ | 天空の城「竹田城」訪問記 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Link

フォト
無料ブログはココログ