最近のトラックバック

« 久しぶりの富士登山 | トップページ | ロバート・フランク展 ー もう一度、写真の話をしないか。@KMopa »

2019年8月14日 (水)

ハービー・山口写真展「未来への世界地図」

8月4日、小海町高原美術館に行ってきました。

今、ハービー山口さんの写真展が開催中なのです。
 

Img_20190804_144325
 

何故、こんな辺鄙なところで??

と怪訝に思ったのですが、ハービーさんは、写真の講座や講演会などで、小海町と関わりを持っておられるのですね。

小海町では「小海町フォトフェスティバル・写真の扉」というイベントを行っていて、「写真」での町おこしに力を入れているようです。折しも訪れた8月4日がフォトフェスティバルの当日(2日目)でした。
 

Img_20190804_135449

 

美術館に到着し、今から入ろうとしていたところ、後ろに止まったワゴン車の扉が開き、小柄な男性が降りてきました。
ハービー・山口です。これから見ていただけるんですか?
どこからおいでですか?
って。

そう、先生ご本人の登場。それも、わざわざ車から降りて、トコトコ歩いてきて挨拶されるって・・・そういう方なのですね。本当にびっくりしました。そのお人柄にイチコロです
 

Img_20190804_141439
 

ハービーさんの作品はこれまでもちろん見たことはありましたが、写真集などをじっくり拝見したことはなく、これだけたくさんの作品をまとめて観させていただくのは初めてでした。

作品は初期の頃から最近のものまで、いくつかの時代、テーマのものが展示されていましたが、そこに一貫して流れていたのは「人に対する優しさ」でした。

つい先ほど声をかけていただいた、そのお人柄のまま・・・実に実にいい作品展です。
 

Img_20190804_143213
 

作品の中には、美術館の中で撮られた作品もあり、それが撮られた場所に「展示」あるいは「放置」(笑)されています。自分がその写真が撮られた時間、空間にふっと入り込んだような、そんな気がしました。そんでもって写真の中の笑顔がまたいいのですよ。
 

Img_20190804_142843
 

ここ数年の中では、紀信さんの、東京の原美術館で開催された「篠山紀信×原美術館=快楽の館」や、北杜市の清春芸術村 光の美術館で開催された「光の情事──篠山紀信 展」も、似たような手法で作られた作品でした。面白いですよね。
 

Img_20190804_134322
 

美術館そのものも素敵でした。緩やかな曲線、曲面と直線が組み合わされた開放的で優美なデザインby 安藤忠雄 だそうです。
 

ハービー・山口写真展
「未来への世界地図」 小海町高原美術館
8月25日(日)までです。
 

Img_20190804_150546
 

もう一回行きたいレベルの写真展です、皆さまもぜひ。

  

« 久しぶりの富士登山 | トップページ | ロバート・フランク展 ー もう一度、写真の話をしないか。@KMopa »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりの富士登山 | トップページ | ロバート・フランク展 ー もう一度、写真の話をしないか。@KMopa »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Link

フォト
無料ブログはココログ