最近のトラックバック

« 富士山御神火まつり 2019 | トップページ | 風景写真があぶない!「レタッチしすぎ」の罠 »

2019年8月18日 (日)

木島投松明まつり 2019

富士川河川敷毎年8月16日に行われる

木島投げ松明

は、以前から気になっていた祭事でした。
  
  

もともとは富士川沿いの小さな地区のお盆の行事だったらしいのですが、今では富士市の無形文化財にも指定され、県外の方にも知られる有名なお祭りになっています。昨年、NHKのBSプレミアムで生中継されたこともあって、知名度が一気に上がったようです。
 
  

 
 
このお祭り

 伝統行事である投げ松明
 地元手筒組による手筒花火
 至近距離で打ち上がる打上花火
 
の「火祭り豪華三点セット」が

行事の主軸です。

 

富士市立富士川体育館の駐車場が解放されています。

投げ松明が始まるのは午後7時。6時少し前に到着したところ、駐車場はまだ余裕のある状態でした。

 

4q1a0389

当世松明事情(投げるやつとは違います)
 

投げ松明というのは、河原に立てた長い竿の上につけられた藁の籠(蜂の巣)をめがけて、火のついた松明を投げ合うという、「炎の玉入れ」です。
  


Fire dance

投松明が始まるのは午後7時で
まだ空には明るさが残ります。
 

投げ松明は富士川沿いの集落で盛んに行われていた行事だとのことです。検索してみても、富士川沿いの地域の情報しか出てこないので、独特のものなのでしょうね。奇祭の一つといっても良いのかもしれません。旧盆の送り火としての祭事なのですが、下流側の木島地区の場合には、上流部で水難事故にあった犠牲者がこの場所に流れ着くことが多かったため、この犠牲者の霊を弔うためという意味合いもあったそうです。 

投げ松明は、この木島地区のほか、南部の火祭り、富士宮沼久保の逢来投げ松明、10月に行われる富士市の雁がね堤の投げ松明などでも見ることができます。
  

Nagetaimatsu

 

以前、南部の火祭りは見に行きましたが、規模がでかすぎて写真を撮るにはどうもなぁ・・・という感じでしたが、木島の場合は至近距離から撮影が可能です。ただし、松明をクルクル回して手を離すタイミングを誤り、後ろに飛ばしてしまうおばちゃんもいるので要注意です。また参加も可能で、今年の場合「当日5時30分から受付、定員になり次第終了」でした。詳しい情報は毎年「NPO法人木島倶楽部」のページに掲載されると思います。

 
  
Soul flame
  

手前の蜂の巣にズルして点火
  
  
これ、簡単そうに見えてなかなか火がつきません。命中するだけでは着火しないんです。結局、私の近くの蜂の巣には火がつかず、掟破りの導火線着火が行われました。残念!!

藁の籠が燃えて、落ちる様もまたよしです。
 


4q1a0476

燃え落ちる様がええねぇ〜
中に花火が仕込んであるようで時々パチパチ。
 
 
手筒花火はインスタ映えすることもあって、最近人気です。
多分、アップで撮るにはかなり前から正面最前列の場所取りが必要なのだろうなと思い、今回は最初から諦めていました。今回はロケハンです。

手筒花火を披露するのは地元、駿州木嶋手筒組の皆さん。
 

Fire


駿州木嶋手筒組の
手筒花火演技

 

格好いいアップの写真を撮るならやはりカブリツキなのでしょうが、離れた土手の上から、観客を入れて撮ったり、長玉でアップを撮ったりというのもアリかなと思いました。
 


Galaxies born from the fireworks

 

最後の打ち上げ花火・・・これが予想を超えていました。よくある地域の盆踊り大会の後に打ち上がる花火程度だと思っていたんです。
  


4q1a0739
  
カメラには望遠レンズが付けっ放しで
撮影はパス・・・ってか、手持ちでちょっと遊んだだけ。
 
  

それがまぁ結構すごいのが上がるじゃありませんか。

打ち上げ場所が近いため、花火がまさに全天を覆う感じで迫力満点
 

« 富士山御神火まつり 2019 | トップページ | 風景写真があぶない!「レタッチしすぎ」の罠 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 富士山御神火まつり 2019 | トップページ | 風景写真があぶない!「レタッチしすぎ」の罠 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Link

フォト
無料ブログはココログ