最近のトラックバック

« 出雲神社巡り② 須佐之男命ゆかりの「日本初之宮」 | トップページ | 出雲神社巡り④ 玉造温泉と玉作湯神社 »

2019年8月11日 (日)

出雲神社巡り③ 冥界への入り口「黄泉比良坂」と揖夜神社

さらに昔に遡ります。

イザナギイザナミ
 
ご存知、日本列島・・・大地そのものを創った神様です。

二人は夫婦であり、イザナミが日本列島を形作る大小の島を生んだとされています。生んだと書きましたが、男女の交わりをして生まれたという話なので、産んだ・・・出産したってことらしいです。てことは、めっちゃデカ女だったってことですよね。

イザナミは、大地を生み終えた後、山、石、木、海、水、風、野など、森羅万象の神々を30以上を生んで、最後に火の神「カグツチ」を出産し、大やけどを負って亡くなります。本当にもう無茶苦茶な話ですが・・・。
 

4q1a9892

イザナミをお祀りする揖夜神社
  

そしてあの有名なエピソードに続きます。
 

そもそも神様が亡くなるってのはどういうこと?とは思いますが、それはそれとして、悲しんだイザナギはイザナミに地上に戻って欲しいと告げるために、黄泉の国に向かいます。そこで色々とやり取りがあり(省略ね)、結局イザナギは、腐敗してウジ虫だらけになったイザナミの体を見てしまいますきったねぇ、気持ち悪いぞこれ!!」と、100年の恋も冷めたのでしょうね。辱められ怒ったイザナミは「イザナギを殺れ!!」と命令。これもまた神様にあるまじき行動ですけど、とにかくそういうことで、黄泉醜女という悪霊たちとともにイザナギに襲い掛かります。このときイザナギが必死に駆け上った地上へ続く坂が黄泉平坂(よもつひらさか) 。地上にたどり着いたイザナギは、千人がかりでないと動かせないような大岩を引っ張ってきて、黄泉の国と地上の世界の間をふさいでしまいました。追いかけてきたイザナミは、岩の向こうから「これからは、テメェの国の人間を、一日に千人ずつぶっ殺す」と言い、イザナギは「やるならやってみろ、こっちは一日に千五百人ずつ子供が生まれるようにしてやるぜ」と言い返したとのこと・・子供の喧嘩かよ。千人で動かせる程度の岩を、本州を出産したほどのデカ女が動かせないのも不思議な話ですが、とにかくそういうことだそうです。これ以降、イザナミは黄泉の主宰神となりました。そういうことにしておきましょう。
 

4q1a9966
 
黄泉比良坂
イザナギを追いかけた黄泉醜女の軍団を
黄泉比良坂46と言うとか言わないとか
    

で、黄泉比良坂(よもつひらさか)にも行ってまいりました。大地を創られた神様が通った道にしては、いささかスケールが小さいのが気になります。岩もありましたが、動かすには千人もかからないと思われたので多分「岩」違いでしょう。
  

4q1a9941

 
 
4q1a9945
 
ライオンズクラブの仕業です(^^;;

   

黄泉比良坂の近くに黄泉の主宰神 伊弉冉命(イザナミ)をお祀りする 揖夜神社があります。 

 

Photo_20190811145401
 

黄泉比良坂は伊賦夜坂(いふやさか)とも呼ばれ、そこから採られた「揖夜」だと思われます。
  

4q1a9910
     
4q1a9917
 
正面に置かれたはなんでしょう。
流石にそこに自分を映したまま撮ると
どこかに逝っちゃいそうなので、
わずかに外して撮りました。

 

揖夜神社の本殿は大社造ですが、内部の造りは出雲大社とは逆の向きになっているそうです。黄泉の国は、地上の国と表裏一体という意味なのでしょうか。もしかすると鏡もそれに関連するのでしょうか。
 



荒神社
渋っ
 

 本殿と真正面に向き合う位置に、スサノオノミコトを祀る荒神社がありました。スサノオノミコトはイザナギが黄泉の国から帰還し、筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原で禊を行った際、天照大御神、月読命に次いで鼻を濯(すす)いだときに産まれたとされています。スサノオノミコトは夜の食国または海原を治めよと言われましたが、それを断り、母神イザナミのいる根の国に行きたいと願い、イザナギの怒りを買って追放されてしまったと古事記にあります。そのようなエピソードもあるので、向かい合わせに祀られているのでしょうね。

 

« 出雲神社巡り② 須佐之男命ゆかりの「日本初之宮」 | トップページ | 出雲神社巡り④ 玉造温泉と玉作湯神社 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 出雲神社巡り② 須佐之男命ゆかりの「日本初之宮」 | トップページ | 出雲神社巡り④ 玉造温泉と玉作湯神社 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Link

フォト
無料ブログはココログ