最近のトラックバック

« ロバート・フランク展 ー もう一度、写真の話をしないか。@KMopa | トップページ | 木島投松明まつり 2019 »

2019年8月18日 (日)

富士山御神火まつり 2019

富士山御神火まつり」は、毎年8月の第一土曜日に開催される富士宮の炎の祭典です。

昭和55年に誕生し、昭和59年に現在のスタイルが確立された比較的新しいお祭りですが、翌日に行われる「宮おどり」と合わせてすっかり宮の夏の恒例行事として定着しています。
 

Dsc02036
 

  基本的にはお神輿を担いで市内を練り回るというお祭りなのですが、お神輿は普通のお神輿ではありません。担がれるのは薪が差し込まれた金属の桶(たぶん)です。御神火なので、それに火がつけられることによって神が乗ったという解釈なのでしょう。お神輿と言っていいのか微妙なものではありますが、まぁそれはそれ、楽しければいいんじゃないでしょうか。

参加団体は8組

 平成御神會、頭火会、守楽、市職、翔友会、佐久夜、さくら神輿會般若隊、富士宮神輿會

なので、お神輿も8基

なにせ神様は火なので分割可能(笑)、木花開耶姫分身の術。
 

Fujisan Gojinka Festival

 

お祭りのメインは炎が映える夕方から。開始は午後3時からと遅めの時間です。

神事のあと、お神輿は散水した参道を通って第2大鳥居前の駐車場に出てきます。

そこで御神火が点火され、商店街を練り廻し、最後に「神田川昇り」を行って楼門に戻るという流れになります。
 

Dsc09784
 
あつーい
 

 ハイライトの神田川昇りに観客が集中するので、その撮影のための良い場所を取るためには多少早めの場所取りなどが必要です。久しぶりに早めにスタンバって見た感触では午後6時頃に来てもなんとかなりそうでした。

 

Fujisan Gojinka Festival

市役所自ら神輿を担ぎます
  

 超スロー+ストロボで面白く撮れないかなぁと考えていたのですが、炎が明るすぎて人に被ってしまうのと、露光中に他のスストロボが被るので、やや企画倒れでした。普通に撮ればよかったです。1/8〜1/16secくらいでストロボスローシンクロというのが一番手堅いかな。
 


Fujisan Gojinka Festival
   

 場所取りは苦痛ですが、最近では桟敷席なども設けられているので、それを利用してみるのもいいのかなぁなんて思ってます。


facebook album 富士山御神火まつり2019

« ロバート・フランク展 ー もう一度、写真の話をしないか。@KMopa | トップページ | 木島投松明まつり 2019 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロバート・フランク展 ー もう一度、写真の話をしないか。@KMopa | トップページ | 木島投松明まつり 2019 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Link

フォト
無料ブログはココログ