最近のトラックバック

« 初めての沖縄 ⑫ 普天間そして嘉手納 | トップページ | Fringer EF-FXマウントアダプター »

2018年9月17日 (月)

フルサイズミラーレス時代

NikonCanonからフルサイズミラーレスシステムが発表されておりますね。
 
Nikon ZとEOS R
 
それぞれ9月、10月に発売という、なかなかのシンクロぶりです
 
SONY α7の発売から5年もうこれからは一眼レフでは戦えないという認識はどちらも同じだったのでしょう。
 
 
20180917dscf0542
 
写真は本文と関係ありません。
 
基本仕様は
 
Nikon Zが
 4575万画素、max9.0コマ/秒、max感度 ISO 25,600
D850 (2017年9月発売)の
 4575万画素、max7.0コマ/秒、max感度 ISO 25,600
とほぼ同じ。
 
EOS Rが
 3030万画素、max8.0コマ/秒、max感度 ISO 40,000
 で
EOS5DⅣ (2016年9月発売)の
 3040万画素、max7.0コマ/秒、max感度 ISO 32,000
とほぼ同じ。
 
発売時期に差があるわりには、進化させてないなぁ・・・という印象も受けますね。
スペックを詳細に見たわけではありませんが、「驚き」はないような・・・。
レンズ資産があるとはいえ、最近はマウントアダプターが進化してますからね〜
大丈夫なんですかね。
 
一眼レフからミラーレスへの転換って、たぶんレンジファインダーから一眼レフへの転換に似てるんだと思うんですね。
 
一眼レフの実力を世界に認識させた名機「ニコンF」の発売が1959年、レンジファインダーの完成形と云われた「ライカM3」が生産されたのは1966年まででした。
 
ライカも1965年に一眼レフ「ライカフレックス」を発売してます。しかし、このカメラは「素通しファインダー」という一風変わった仕様で、中央のマイクロプリズム部分でしかピントを合わせることができないものだったそうです。露出計も外部測光という時代遅れの代物。当然ながら売れない・・・・。
成功体験を引きずった王者からの転落コースの典型(^^;;
 
何度かモデルチェンジした後、結局、1976年にミノルタXEをベースにしたR3を発売、1994年のR7までミノルタ機ベースの機種が続きました。欲しかったなぁ・・・ベースになったXEもXDも好きなカメラだったんですよね〜。
 
話が脱線しましたが、そういうことにならないように、2社には頑張って欲しいものでございます
 
 
20180917dscf0651
 
写真は本文と関係ありません。
 
 
で、また脱線したほうに話を戻しますけど(笑)
 
ライカって、デジタルへの転換はびっくりするほど早かったですよね。
あたしはM型ライカって、フイルムと心中するのかと思ってましたから。
2006年9月発売の「ライカ M8」で、シリーズ名称も変えずにシレッとデジタル化しちゃった。これには驚きました。過去の教訓が活かされたのでしょうか。
 

« 初めての沖縄 ⑫ 普天間そして嘉手納 | トップページ | Fringer EF-FXマウントアダプター »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163441/67178582

この記事へのトラックバック一覧です: フルサイズミラーレス時代:

« 初めての沖縄 ⑫ 普天間そして嘉手納 | トップページ | Fringer EF-FXマウントアダプター »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Link

フォト
無料ブログはココログ