最近のトラックバック

« 2017年10月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年11月

2017年11月23日 (木)

お祭とスナップ写真

 ストリートスナップ街中で不特定多数の人を撮影するスナップ写真が、最近肩身が狭い状況になっており、時と場合によっては撮影者が訴えられるなんて、こともよく聞きます。
 
 盗撮というとらえ方をされてしまうのですよね。
 
        プライバシーを侵害されたと。
 
 
201711054q1a6455  
  
 今、街中で撮影したTV映像などでも、写ってしまった無関係の人の顔にぼかしが入れられていることが多くなってますよね。いささか過剰な自己規制のような気がしますが、無用なトラブルを避けたい気持ちが強いのでしょう。
 
 
20171105dsc01018
 
これなら顔のぼかしが無くても肖像権の侵害無し!!
 
 
 実際には、パブリックな空間にいる人を写真に写したとしても、写された人が、それによって著しい不利益を被ってしまったということが無い限り、プライバシーの侵害と判断されることは無いと私は信じております。ただ実際にどう判断されるかは個々の案件によって異なりますし、裁判の結果次第なんですが。
 
 
201711054q1a6108  
 
 とはいえ、私も公開に当たっては、そういう問題が起こりそうな人物が写っていないかということのチェックはします
 
 やばそうな人が写っちゃってるなと思ったら、流石にそれは公開しません。
 
 カップルの写真もこの2人は不倫じゃないかどうか・・・
              って、自分なりに考えたりして。
 
               気休めかもしれませんが(笑)
 
 
20171105dscf3297  
 
 で、お祭の話です。
 
  観光協会が外部に宣伝している祭、要するに観光資源となっているお祭の参加者は、もうパブリック中のパブリックですから、自由に人間主体のスナップを撮影できる希有な機会と言えると思います。
 
 山車に乗っかったら
     もうプラべートがどうとか言っちゃいけない(笑)
 
 
201711044q1a5977  
 
 それでも、一応公開にあたっては気を遣っておりまして、少なくとも画面内の主要人物が「いい顔」で写っているものをセレクトしています。主要人物の中で1人でも半目とかボーッとした顔で写ってるとか、そういうのはできる限り公開写真から外します。
 
 ただ、私の主観で「いい顔」かそうでないかを判断しているので、本人にとってはどうだか分かりませんけどね。
 
 例えば、競り合いでの「怖い顔」は私は「いい顔」と判断するんだけど、本人とってはどうなのかなぁ〜って、心配になることもあるんですよ。プロフィール画面に使ってもらっているのを発見して、「ああ、よかったんだ」と安心したりして。
 
 
201711054q1a6440   
 
 女性の肌なんかも気にしますよね〜。最近のカメラは性能良すぎて、写らなくてもいいものまで写っちゃう。エッジをぼかしたり、白く飛ばしたり、人知れずいろいろやってるんです(笑)
 

「富士宮まつり」を今年も撮影

 毎年11月3日から5日に行われる浅間大社秋の例祭「富士宮まつり
 
 
201711044q1a5739  
   
 私の記憶が確かなら、以前は「富士宮秋まつり」という名称でした。それが数年前に「富士宮まつり 秋宮」に変わり、そして今は「富士宮まつり」という名前が正式なようです。いったい誰が、どういう思惑で変えているのでしょうかね。まぁ私には関係無いことですが。
 
 
20171105dscf3417
 
 
 私はここ数年、このお祭を毎年撮りに出かけております
 
 
20171104dsc09131  
 
 この時期は紅葉の季節でもありますし、静岡市では大道芸ワールドカップが開催されており、出かけたいところは他にも結構あるのですが、年々お祭撮影の比重が高くなっているんですよね。
 
 
201711034q1a4956  
 
 毎年撮りにでかけるモチベーションには、SNSの存在が大きいです。
 
これによって、図らずも写真の被写体になっていただいた方に写真が届くことが多いんですよね。喜んでもらったり、プロフィール画面に使ってもらったりすることが嬉しい
 
 facebookの年齢層の影響なのでしょうか、ティーンエイジャーのお嬢さんの写真は、お父さんに拾って貰うことが多いです。息子さんの写真はお母さんに。
 
インスタに上げたほうが本人に直接届く可能性が高いのかもしれません。
 
 
201711034q1a4962
 
 
 私は、第三者として客観的に撮るわけですので、多分、お祭仲間が撮った記念の写真とは写り方が違うんじゃないかと思っています。
 
 「あれ?、これが自分だっけ?、すげぇ格好良い
  みたいな写真が届けられれば良いなと思っています。
 
 
20171103dscf2591  
 
 ただ年を追う毎に、沢山の人を撮ろうという意識が強くなってしまい、写真そのものの質を上げたり、工夫をしようとする意識が薄くなっているのが、若干問題と言えば問題です(^^;;  この反省を踏まえて来年も撮りますかね。
 
 お祭そのものの解説は、昨年のブログ記事の方が詳しいのでこちらを
 
 facebookアルバム「富士宮まつり」へのリンク↓
  2017年
  2016年
  2015年
  2014年
 
 

« 2017年10月 | トップページ | 2018年1月 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Link

フォト
無料ブログはココログ