最近のトラックバック

2017年4月21日 (金)

2017年春・・・桜 前半戦

なんだかんだ言っても、やはり春は桜です。
 
毎度、 代わり映えのしない風景だなぁと思いながらも、やはりレンズを向けてしまうのですよね。
 
 
201704134q1a3042  
 
街の桜はすっかり葉桜になってしまいましたが、山はこれからが本番。
 
今年の桜の総括をするのはまだ早いのですが、前半戦を振り返ってみます。
 
 
20170331dscf4169 
浅間大社 信玄桜
 
とにかく今年は開花が遅く、桜祭りの日にソメイヨシノが咲いていないという事態が各地で発生。地元、浅間大社もそうでした。
 
 
201704014q1a2559 
例年ならソメイヨシノが満開の4月1日なのですが、
今年は信玄桜だけ
@浅間大社
 
 
4月2日、まだ早いのが分かっていながら、身延にも出掛けました。
 
 
201704024q1a2739 
身延山久遠寺
 
 
写真を撮りに出掛けられるのは週末に限られるので、多少条件が悪くてもそれを承知で・・・ということはありますよね。
 
 
201704024q1a2788
 
身延山久遠寺
 
そういえば、週末は天気が悪く、富士山がなかなか顔を出してくれなかったのも、今年の特徴でしょうか。どうしても当地では桜越しに富士山を狙うという構図が多くなるんですよね。見えていれば撮ってしまうから、かえって見えない方が、心の平静を保てて良いという側面もあるような気がします。
 
 
201704094q1a2960
 
富士宮市 興徳寺
 
今年、私にとっては目黒川の夜桜を眺めに行けたのが一番のトピックスです。
 
 
20170406dsc07008  
聞きしに勝る見事な桜並木と人出でした。
 
 
都内では屈指の桜スポットですものね。
これを一度は体験してみたかったのです。
 
 
20170406dsc07077
 
 
でも、残念ながら持っていったカメラはRX100M3だけ。
 
    天気がもっと悪いって予報だったんですよ。
             それが意外と良くて・・・
横着しないで、ちゃんとしたカメラ持ってけっていう話ですよね。
 
 
20170406dsc06915
 
でも、RX100M3で、結構頑張りましたよ。
どんなもんでしょう
 
 
20170406dsc07091 
目黒川 さくら祭り
 
増上寺や浅草寺にも立ち寄りました。
オイルぶっかけ事件の現場にもね。
 
 
20170406dsc06657  
 
20170406dsc06674
 
増上寺
事件の現場です
 
 
4月8日は山梨県。
 
塩山の慈雲寺のイトザクラはようやく五分、周林寺は満開、そして恵林寺はソメイヨシノが満開でした。
 
 
20170408dscf4402 
慈雲寺
 
 
20170408dscf4439 
周林寺
 
 
4月9日は近場で、霧の大石寺などを。
 
 
20170409dscf4621 
霧の大石寺参道
好きなんですよねぇ・・・こういうの。
雨や霧だと、ついつい行っちゃう。
 

2017年4月18日 (火)

久々の訪問、信州 千曲市 あんずの里

例年より歩みの遅い春、4月15日・・・
         狙いは当たって、満開!
 
 
201704154q1a3297
 
 
古くからあんずの里として知られる千曲市の森・倉科地区
でも千曲市と言われてもピンとこないんですよね。
 
更埴市と上山田町、戸倉町が合併して千曲市が出来たのが、2003年のこと。
 
 
201704154q1a3135_2   
 
アタシが長野市に住んでいたのは、1983年から88年の春まで。
記憶は1988年で止まっているのですよ。
 
だから、あたしにとっては、今もここは更埴のあんずの里
 
 
201704154q1a3341  
 
春の最初のお花見と言えば、杏。
当時住んでいた飯場みたいなぼろ屋の隣も杏畑。
 
もちろん、更埴の杏は毎年見に・・というか撮りに行ってました。
 
足はHONDAのXLX。
ば〜っと走って、気になるところで止まって、さっと撮ってって感じ。
じっくり歩き回るっているのはなかったですかねぇ・・・。
 
 
Annzu 
1980年代に撮影した写真
カメラはミノルタX700(たぶん)
フイルムはコダクローム
 
 
当時の印象は 、「山間の果樹園」そのものでした。
 
もちろんあんず祭りの期間中はお花見で賑わっていましたけど、
観光地という雰囲気はあまりなかったような気がします。
 
 
201704154q1a3377
 
昔撮った写真を思い出しながらの一枚。
 
 
久々に訪れた杏の里は、当時よりも広々として、明るく感じました。
道は広いし、大きな駐車場はあるしね。
 
 
201704154q1a3349
 
このお土産屋さんの駐車場は
営業時間外はロープが張ってあって入れませんけど、
隣の一般駐車場は出入り自由でした。
 
駐車料金は500円ですが、料金徴収に来る前までならタダですな。
アタシは払いました。
 
 
朝早かったので、土産物屋はやっていませんでしたけど、
当時よりは増えたんだろうと思います。
 
 
20170415dscf4669
 
天満宮とケヤキの大木
 
 
このあたり、あんずだけではなく、古墳やら由緒あるお寺、その他史跡などが多く、松代なんかも近いので、またノンビリ来たいなぁと思うところです。
 
なんちゃって、来ないんだけどね。なかなかね。
 
 
201704154q1a3283  
 
そうそう、4月下旬には近くの雨宮の御神事があるんですよね。3年に一度開催されるという奇祭。今年はその開催年に当たります。獅子の頭をつけた若者を高さ5~6メートルの橋の上から逆さに吊るし、下を流れる万作川に獅子の頭を浸すという、単なる罰ゲーム(笑)。
 
一応これも撮りに行ったことあります。
写真どこ行っちゃったかな。
モノクロしか撮ってなかったと思ったな。
 

2017年4月 8日 (土)

なんちゃって古民家の建ち並ぶ、西湖「いやしの里」根場

 富士五湖のひとつ、西湖の根場地区に、「いやしの里」という、茅葺き屋根の古民家が建ち並ぶ観光施設があります。
 
 
20170401dscf4269
 
茅葺き屋根のなんちゃって古民家と、
かつて大土石流を発生させた本沢川。
 
 
 かつて、このような集落が実際にここにあったのですが、1966年の台風26号の集中豪雨によって本沢川から土石流が発生し、集落は壊滅。残った住民は西湖の対岸に集団移転しました。
 
 
20170401dsc06630  
 
 その後、跡地は農地等になっていましたが、2006年に、当時を偲ばせる茅葺き民家を復元し、この「いやしの里」が 開園。民家は年々増えて今では20棟を超えています。
 
 一見、古民家に見えますが、もちろん基本的に新築。建設された直後は建物が綺麗すぎて流石に違和感があったものの、今では適度に古びてきて、良い感じになってきています。 
 
 1棟、旧渡辺家住宅だけが、当時から残る建物。以前、まだこの施設が出来る前に、山から下ってきたときに、ボロボロの廃墟になっていたその建物を撮影した記憶があるのですが、どこへいったやら(^^;;
 
 
20170401dsc06607  
 
 数ヶ月毎に展示が変わるギャラリーや、和紙の店、陶器の店などがあるので、ごく希に訪れることがあるのですが、ここのところご無沙汰でした。 4月1日。4月にしては珍しい大雪の日。雪の積もった茅葺き民家を撮ろうと意気込みまして、でかけてきました。
 
 
20170401dsc06613   
 
 朝霧高原まではほとんど雪はなかったのですが、県境を越え、富士五湖地方に入ると、とたんに雪景色。いやしの里では予想通りの光景。成果はまずまずです。まぁ、そもそも建物がなんちゃって古民家なんで、写真もなんちゃってですが。
 
 
20170401dsc06589  
 
 入場料は350円。これだけで済むはずだったのですが、6000円の焼き物(コーヒーカップ)を購入・・ 思わぬ出費でございます。
 
 
20170409dsc07332_2
 
道志村にギヤラリー&工房「蒼芒庵」を持つ
石川秀隆さん作の老梅焼・・・だそうです。
 
 

2017年3月31日 (金)

もう4月じゃん

今年の桜は遅いですね。
 
いつもならもう満開を迎えるくらいのソメイヨシノはまだ全然。
 
浅間大社境内では信玄桜だけが満開のようでした。
 
 
20170331dscf4169_3 
富士山本宮浅間大社
 
 
桜が遅いので、うっかりしていましたが、
3月は一度もブログ更新せず、気がつけば 残りあとⅠ時間(笑)
 
何もしていないわけでは無いんだけれど、全然書けないんですよね。
 
最近文章が書けなくなっているような気がします
かなり脳が弱っているような・・・そんな自覚症状はあります。
 
マジ危ないです・・・はい。
 
 
20170213   
 
さて最近、かみさんが御朱印集めに目覚めたので、
 
今更感はあるのですけれど、
 
まぁ、時間つぶし的にちょこちょこと出掛けてます。
 
すっかり老人ですな。
 
まずは浅間神社からということで、
富士山本宮浅間大社を皮切りに、近場は結構いきました。
もちろん世界遺産は全部
 
 
20170213_2  
 
先日は、長野に出掛けて、諏訪大社4社Complete
 
 
Swa   
 
ついでに穂高神社仁科神明宮
 
 
20170319dscf3856
 
仁科神明宮
 
 
先週は遠州秋葉山本宮
 
それにしても、御朱印貰う人多いですよね。
 
ほとんどのところは300円で、諏訪大社は500円。
 
もう結構なビジネスになっていますよね。
 
工夫を凝らした変わり御朱印なんてのも、たまに紹介されてたりしますし。

2017年2月28日 (火)

レッサーパンダだらけの熱川バナナワニ園

稲取でつるし飾りを見た後、ちょっと帰るのには早いよねと
  立ち寄ってみたのが
 
      「熱川バナナワニ園」。
 
 
20170218dsc06945  
 
地図上で時々目には入っていたのですが、
これまで行こうと思ったことは一度もありませんでした。
 
事前知識は100%無しです。
 
こんな時じゃないといかないでしょ、とかみさん。
 
  マジっすか
 
    バナナとワニですよ。
 
   それで入園料1500円(割引きあり)ですよ。
 
                高くないっすか?
 
 
20170218dsc06781  
 
そもそも熱川温泉自体が昭和の香り濃厚なのですが、
 
           ワニ園の入り口も昭和100%・・・
 
   確かにワニが沢山おりました。
 
 
20170218dsc06676  
 
でも、ワニの巨体に対してコンクリート製のプールが狭くて、
 
          なんだか切ない。
 
       これって昭和の施設だからでしょうか・・・哀愁?
 
 
20170218dsc06671  
 
でも、ここのウリはそんなんじゃなかったのです。
 
実はここ、ニシレッサ-パンダを飼育している
           日本で唯一の施設なのですよ。
 
 
20170218dsc06838  
 
日本の他の動物園で飼育されている
 中国系のシセンレッサーパンダより、
     ちょいと小さいのですが、
 
          その数が半端無い・・・
 
 
20170218dsc06879  
 
1985年にワシントン動物園からつがいがやってきて、
  繁殖に60頭を超える繁殖に成功しているそうで、
 
    今は20頭以上飼育されているらしいです。
 
 
20170218dsc06835  
 
間違いなくニシレッサ-パンダの世界一の繁殖施設です。
 
もう、ここ「バナナワニ園」ちゃうやん
 
 
20170218dsc06692  
 
20170218dsc06768  
  20170218dsc06787
 
 
で、もう一つ稀少生物がおりまして。
  世界中で4頭しか飼育されていない
 
 アマゾンマナティー
 
 
20170218dsc06735  
1962年生まれくらいらしいです。
 
  飼育世界記録を絶賛更新中だとのこと。  
 
熱川バナナワニ園は1958年に開園、
 
          まもなく開園60周年
 
 
20170218dsc06916  
 
おそらくこの珍妙な施設名が浸透しているため、
   うかつにそれを変えられないのでしょうね。
 
経営は楽ではなさそうな気はするのですが、
        なんとか頑張って欲しいものです。
 
 

«伊豆稲取 雛のつるし飾りまつり

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Link

フォト
無料ブログはココログ